図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『 水鏡推理4 アノマリー  』 #079

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 水鏡推理4 アノマリー  』


f0367052_16451613.jpg
『 水鏡推理4 アノマリー  』 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)

気象庁と民間気象会社の予報の食い違いから、少女集団遭難という前代未聞の悲劇が発生する。天候が急変した山中に少女と共に失踪した官僚は、同僚の水鏡瑞希に謎の書類を預けていた。新進の民間気象会社の驚異的な予報的中率のからくりとは?人命さえ軽んじる霞が関の巨悪に、文科省ヒラ職員が立ち向かう!




と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 水鏡推理 1 』 #012
『 水鏡推理 2 インパクトファクター 』 #014
『 水鏡推理 3 パレイドリア・フェイス 』 #025
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


久しぶり の 水鏡推理 の 続編


サブタイトル の アノマリー とは


「 法則や理論と比較し説明不可能のこと

  科学的な常識や原則から逸脱し偏差を起こすこと 」


そして 今回 の 話 も 主人公 の 水鏡 が 

いわゆる 不正 を 暴く 話 なのだが


ただ 今回 は 親 と 子 の 

気持ち や 価値観 の ギャップ 


そして 子 の 精神的 自立 など に

関して も 書かれていた


子ども の 心 は たしかに

親 からの 影響 を 強く 受ける


しかし 大人 に なるにつれて

親 から の 影響 から 決別 して


本当 は どう ある べき かを


人 は それぞれ 模索して 探し出し

自分 の 心 を 再構築 させていく


この 小説 では 1つ の 事件 を 通して

その 心 の 再構築 についても 描かれている


俺的 には そこ も 興味深かった


小説 を 通じて 心 の 成長過程 

を 伝える こと も 出来る のだな と


小説 の 可能性 というか

その 役割 は 大きい のだなと 感じた


また ストーリー も 途中 から

全く 別 の 意外 な 展開 を みせ


先 が 気になり とても 面白かった


水鏡推理 は 6巻 まで 出ているので

続き を 読むのが 楽しみです



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2018-02-24 17:16 | 小説 | Comments(0)

『 黄砂の籠城 上 下 』 #078

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 黄砂の籠城 上 下 』

f0367052_153636100.jpg
黄砂の籠城(上) 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)

一九〇〇年春、砂塵舞う北京では外国人排斥を叫ぶ武装集団・義和団が勢力を増していた。暴徒化して教会を焼き討ち、外国公使館区域を包囲する義和団。足並み揃わぬ列強十一ヵ国を先導したのは、新任の駐在武官・柴五郎率いる日本だった。日本人の叡智と勇気を初めて世界が認めた、壮絶な闘いが今よみがえる。




f0367052_1537092.jpg
黄砂の籠城(下) 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)

日本は世界の先陣を切って漢人キリスト教徒を義和団から救出したが、西太后は宣戦布告を決断し、公使館区域からの24時間以内退去を通告する。沿岸部からの援軍も到着せず、20万人の義和団と清国軍の前に4000人の外国人とキリスト教徒の命は風前の灯火となる。誇り高き日本人必読の歴史エンタテインメント。




と この 本 を 読んで みた


1900年 義和団の乱 の 

実話 を もとに 書かれた 小説 


当時 日本 は 欧米 の 国々 から

東洋人 の 小国 として 軽く 見られていた


ところが この 義和団の乱 を 通じて

各国 の 日本 を 観る目 が 180度 変わった


そこには 一人 の 日本人

柴五郎 北京駐在武官 の 活躍 が あった


柴五郎 と 日本人たち は


どんな 状況 で あっても 謙虚 で あり

人 として 正しい こと を 行動 するよう 務めた


実際 義和団の乱 の 他 の 資料 にも


各国 の 記者 たち が 当時 の 日本 を 

賞賛している 記録 が たくさん 残っている


柴五郎 と 共に 義和団の乱 を 乗り越えた イギリス の 

初代駐日大使 クロード・マクドナルド氏 は


「 日本人こそ最高の勇気と不屈の闘志

  類稀なる知性と行動力をしめした 素晴らしき英雄たちである 」


と これ ほどの 言葉 を 日本人 に 送った


一体 義和団の乱 で 何 が あったのか


軽く見られていた 相手 から ここまでの 信頼 と 賛辞 を

得るには それ相当 の こと が あった わけ だが


この 小説 を 読むと なるほど と 思う


この 作品 も かなり おすすめです

是非 読んでみて ください



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2018-02-22 07:00 | 歴史 | Comments(0)

『 八月十五日に吹く風 』 #077

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 八月十五日に吹く風 』


f0367052_145395.jpg
八月十五日に吹く風 詳細 Amazon

松岡圭祐 著

アメリカが敵視した、人命を軽んじ易々と玉砕するという野蛮な日本人観が、一人の米軍諜報部員の報告で覆った。戦後占領政策転換の決め手となった一九四三年、北の最果てキスカ島での救出劇。日本は人道を貫き五千人の兵員を助けた。戦史に残る大規模撤退作戦を、日米双方の視点で描く感動の物語。




と この 本 を 読んで みた


キスカ島 に 取り残された 

5000名 もの 兵士 たち を


奇跡的 に 敵国艦隊 に 気づかれる こと なく


5000名 全員 を 見事 に 救出 する 

奇跡 の 実話 を もとに 書かれた 小説


この 小説 は 俺 が 今まで 読んだ なかで 

一番 泣けて 感動 した 小説 となった


『 人事を尽くして天命を待つ 』


というが まさに この 話 は それ だった


この 作戦 を 指揮した 木村氏 は

人として 正しい こと に 徹して 行動 した


奇跡 に 頼ろうとはせず に

出来ること を 最大限 に 行った


すると 不思議 な 奇跡的 な 出来事 が

いくつも 起こり 奇跡 の 救出 を 達成 した


濃霧 の 中 見間違って 岩 を

敵艦 だと 思い 砲撃 してしまうのだが


その 痛恨 の ミス すら

なんと 良い 方向 に 転がっていく


本当 に 不思議 な 奇跡的 な 話 なのだが

これは 本当 に 実際 に あった 出来事


こんな こと が 本当 に 起こった のか

という ほど の 奇跡 が 重なる 


あまり ネタバレ 内容 は 書けない ので


是非 読んで いただきたい


この 小説 は 絶対 に 読んでおいた 

方 が イイ と 個人的 には そう 思う


この 話 から は とても

学ぶ こと が 多くある


とても 素晴らしい 作品 であり

一押し の おすすめ 作品 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2018-02-21 15:25 | 歴史 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28