図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『 不都合な真実2  』 #082

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 不都合な真実2  』

f0367052_6543524.jpg
不都合な真実2

アル・ゴア (著), 枝廣 淳子 (翻訳)

この現実に目を背けますか? もう知らんぷりは許されない!








と この 本 を 読んで みた


2007年 に アル・ゴア氏 の

『 不都合な真実 』 が 出版 された


当時 俺 も それ を 読み

不都合な真実 の 映画 も 観た


そして およそ 10年 経った 昨年

『 不都合な真実2 』 が 出版 された


今回 この 本 を 読んで


10年前 に 読んだ 不都合な真実

とは かなり 世界 は 変わったのだな


という 印象 を 強く 受けた


地球環境 に 関して は 深刻 な

現実 は いまだに 解決 されていない


しかし


世界 が 再生可能エネルギー に 向けて

大きく 進歩 している こと が 判った


そして


世界中 に 地球環境 を 真剣 に

考える 方々 が 増えて 活動 している


という こと も 判った


俺 は この 美しい 自然 の

地球 が かなり すき なので


マジで 地球 を 大切 に したい

そう 考えているので 


俺 も 今後も ブログ など で


この 美しい 地球 を 大切 に という

メッセージ を 発信 していこう と思う


とても 素晴らしい 本 ですので


一人でも 多くの 方に 読んでもらえる ように

図書館 に 入れてもらう と イイ かと 思う


この本 は 是非 読んでみてください



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2018-05-24 07:20 | ノンフィクション | Comments(0)

『 世界をつくり変える男 イーロン・マスク  』 #081

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 世界をつくり変える男 イーロン・マスク  』

f0367052_3174523.jpg
イーロン・マスク 世界をつくり変える男 詳細 Amazon

竹内一正 (著)

「スペースX」「テスラ・モーターズ」「ソーラーシティ」「ニューラリンク」…ラリー・ペイジ、マーク・ザッカ-バーグ、ジェフ・ベゾスを超えた「世界を変える起業家」の正体!人類の常識を覆し続けるイーロン・マスク「破壊的実行力」
◎火星移住を現実のものとする新型ロケット打ち上げ
◎「テスラ」一般型モデル発売がもたらす地球規模の衝撃
◎NASA×ボーイングを超えた驚異的コスト戦略
地球の未来をも左右する壮大なヴィジョンはどこから生まれるのか?2時間でわかるイーロン・マスク入門・最新版!


と この 本 を 読んで みた


火星移住 宇宙事業 


再生可能エネルギー を 基とした

電気自動車 太陽光発電 や 蓄電 


で 知られる イーロン氏 に

ついて 書かれた 本 である



とても 解りやすく 情報 が まとまっている ので


これを 1冊 読むと イーロン氏 の

考え方 や 性格 事業 を 知ることが 出来る


イーロン氏 は 人類全体 の こと を 考えている

そこには 俺 も かなり 共感 した


これからは


自分 の 会社 の 利益 だけ といった

視点 での 経営 は 変わって ゆく 時代


地球環境 や 人類全体 を 考えた

経営 や 仕事 を する 時代 となる


そうでなければ 地球 で 

やっていけなく なる こと は


地球環境 を 観れば 明らか である


また この本 は 


自分 が どのように 仕事 を していくか

という ヒント が たくさん 書かれている


この 本 から 学べる こと は

驚くほど かなり 多い かと 思う


〇地球環境 に 関わる 情報

〇再生可能エネルギー 太陽発電 と 蓄電

〇電気自動車 の 情報

〇火星移住 と 宇宙事業 の 情報

〇地球全体 を 考えた 経営 

〇時代 の 流れ に 関する 情報

〇人生 の 失敗 と 成功 の 場面 で どうするのか

〇新しい 道 を 拓く ため には

〇リーダー としての 在り方


などなど かなり 勉強 に なる


時代 の 流れ を 知りたい 方 には

おすすめ の 一冊 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2018-03-19 06:47 | ビジネス | Comments(2)

『 シャーロック・ホームズ対伊藤博文  』 #080

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 シャーロック・ホームズ対伊藤博文  』

f0367052_97652.jpg
シャーロック・ホームズ対伊藤博文 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)


シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝の死闘で、モリアーティ教授への正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、20世紀以来最高のホームズ物語。



と この 本 を 読んで みた


この 作品 は 完全 な フィクション だが


空想上 の 人物 ホームズ と

実在 の 人物 伊藤博文 が 


物語 の 中 で 出会い 互い に 

交流 を 深め 難問 を 解決 していく


この アイデア が とても

おもしろいな と 感じた


あ ここ まで 書いて しまって イイ んだ

と ある 意味 衝撃 を 受けた


創作 は 『 自由 』 ということ を

体感 出来る 作品 とも 言える


ただ もともと の ホームズ ファン の 方 には 

少し どうかな? とも 思う ところも ある


それぞれ の 方 が 原作 ホームズ を 読んで

ホームズ に 持っている 印象 と


この 作品 に 出てくる ホームズ の

印象 は やはり ちがってくる ので


あれ? ホームズ が そんな こと するんか?

と 感じる シーン も あるかと 思う


話 の 展開 は かなり 面白く

一気 に 読みあげてしまう 作品 


俺 も ホームズ は かなり 読んだが


子ども の 頃 に 


『 ホームズ 最後の事件 』


を 読んだ とき に


「 なんだ この 終わり方 は! 残念過ぎる! 」


と 納得 が まったく いかなかった ので

この 作品 を ホント 読んで よかった


やはり ホームズ には 活躍 して もらいたい


この 本 は 『 創作 』 の 可能性

を 感じ させる 1冊 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2018-03-12 09:30 | 小説 | Comments(0)

『 水鏡推理4 アノマリー  』 #079

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 水鏡推理4 アノマリー  』


f0367052_16451613.jpg
『 水鏡推理4 アノマリー  』 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)

気象庁と民間気象会社の予報の食い違いから、少女集団遭難という前代未聞の悲劇が発生する。天候が急変した山中に少女と共に失踪した官僚は、同僚の水鏡瑞希に謎の書類を預けていた。新進の民間気象会社の驚異的な予報的中率のからくりとは?人命さえ軽んじる霞が関の巨悪に、文科省ヒラ職員が立ち向かう!




と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 水鏡推理 1 』 #012
『 水鏡推理 2 インパクトファクター 』 #014
『 水鏡推理 3 パレイドリア・フェイス 』 #025
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


久しぶり の 水鏡推理 の 続編


サブタイトル の アノマリー とは


「 法則や理論と比較し説明不可能のこと

  科学的な常識や原則から逸脱し偏差を起こすこと 」


そして 今回 の 話 も 主人公 の 水鏡 が 

いわゆる 不正 を 暴く 話 なのだが


ただ 今回 は 親 と 子 の 

気持ち や 価値観 の ギャップ 


そして 子 の 精神的 自立 など に

関して も 書かれていた


子ども の 心 は たしかに

親 からの 影響 を 強く 受ける


しかし 大人 に なるにつれて

親 から の 影響 から 決別 して


本当 は どう ある べき かを


人 は それぞれ 模索して 探し出し

自分 の 心 を 再構築 させていく


この 小説 では 1つ の 事件 を 通して

その 心 の 再構築 についても 描かれている


俺的 には そこ も 興味深かった


小説 を 通じて 心 の 成長過程 

を 伝える こと も 出来る のだな と


小説 の 可能性 というか

その 役割 は 大きい のだなと 感じた


また ストーリー も 途中 から

全く 別 の 意外 な 展開 を みせ


先 が 気になり とても 面白かった


水鏡推理 は 6巻 まで 出ているので

続き を 読むのが 楽しみです



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2018-02-24 17:16 | 小説 | Comments(0)

『 黄砂の籠城 上 下 』 #078

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 黄砂の籠城 上 下 』

f0367052_153636100.jpg
黄砂の籠城(上) 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)

一九〇〇年春、砂塵舞う北京では外国人排斥を叫ぶ武装集団・義和団が勢力を増していた。暴徒化して教会を焼き討ち、外国公使館区域を包囲する義和団。足並み揃わぬ列強十一ヵ国を先導したのは、新任の駐在武官・柴五郎率いる日本だった。日本人の叡智と勇気を初めて世界が認めた、壮絶な闘いが今よみがえる。




f0367052_1537092.jpg
黄砂の籠城(下) 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)

日本は世界の先陣を切って漢人キリスト教徒を義和団から救出したが、西太后は宣戦布告を決断し、公使館区域からの24時間以内退去を通告する。沿岸部からの援軍も到着せず、20万人の義和団と清国軍の前に4000人の外国人とキリスト教徒の命は風前の灯火となる。誇り高き日本人必読の歴史エンタテインメント。




と この 本 を 読んで みた


1900年 義和団の乱 の 

実話 を もとに 書かれた 小説 


当時 日本 は 欧米 の 国々 から

東洋人 の 小国 として 軽く 見られていた


ところが この 義和団の乱 を 通じて

各国 の 日本 を 観る目 が 180度 変わった


そこには 一人 の 日本人

柴五郎 北京駐在武官 の 活躍 が あった


柴五郎 と 日本人たち は


どんな 状況 で あっても 謙虚 で あり

人 として 正しい こと を 行動 するよう 務めた


実際 義和団の乱 の 他 の 資料 にも


各国 の 記者 たち が 当時 の 日本 を 

賞賛している 記録 が たくさん 残っている


柴五郎 と 共に 義和団の乱 を 乗り越えた イギリス の 

初代駐日大使 クロード・マクドナルド氏 は


「 日本人こそ最高の勇気と不屈の闘志

  類稀なる知性と行動力をしめした 素晴らしき英雄たちである 」


と これ ほどの 言葉 を 日本人 に 送った


一体 義和団の乱 で 何 が あったのか


軽く見られていた 相手 から ここまでの 信頼 と 賛辞 を

得るには それ相当 の こと が あった わけ だが


この 小説 を 読むと なるほど と 思う


この 作品 も かなり おすすめです

是非 読んでみて ください



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2018-02-22 07:00 | 歴史 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31