図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

タグ:読書 ( 75 ) タグの人気記事

『 ビブリア古書堂の事件手帖 5 ~栞子さんと繋がりの時~ 』 #051

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 ビブリア古書堂の事件手帖 5 ~栞子さんと繋がりの時~ 』

f0367052_21511973.jpg
『 ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 栞子さんと繋がりの時 』 詳細 amazon

三上 延 (著)

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然―彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち 』 #001
『 ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 』 #006
『 ビブリア古書堂の事件手帖 3 栞子さんと消えない絆 』 #026
『 ビブリア古書堂の事件手帖 4 栞子さんと二つの顔 』 #040
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


シリーズ 通して 安定 した

おもしろさ が ある


今回 も とても おもしろかった


事件 の 先 が 全く 読めない ので

どんどん と ページ を めくらされて しまう


そういう 楽しい 時間 を

過ごす ことが 出来る 作品


シリーズ 累計 600万部 も 納得


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
篠川栞子  主人公 古本屋の店主 本の知識で事件を解決
五浦大輔  栞子 に 告った 古本屋のバイト
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


大輔 が 栞子 に 付き合って下さい と

告白 した が 考えさせて ほしい と 言われ


なかなか 返事 を もらえず に

結構 ながく 待たされる


しかも 小さな 古本屋 で 

2人 っきり で 働いて いるので さすがに


「 あ~ こりゃ たいへん だろうな 」


と 思った


あと 栞子 は 人 と 

つきあった こと が ない ので


いざ 付き合う と なると

真剣 に 結婚 まで 考えて しまう


と 言っていた が


むしろ 結婚 を 考えず に 付き合う なんて

こと あるのか? と 思った


どうやら 俺 も ちょっと 

感覚 が ズレ ている らしい


じつは ちょっと この 作品 を 読んで 

いろいろ 感じる こと が あったが


小説 の すごい ところ ってのは


自分 が 恋愛 している わけ でも ない のに

登場人物 の 恋愛 や 心境 を 知る こと が 出来る


普通 は 他者 の 心境 までは

知る こと は 出来ない


自分 が 付き合っている 人 が いない と

とくに 恋愛 に ついて 考える 機会 も ない


しかし 登場人物 たち の 恋愛 を

小説 を 通して 観させて もらう こと で


自分 ならば こう 感じる とか こう 思う


と いう 意見 や 価値観 が 

浮き彫り に なって くる


そうして 小説 を 読む こと で


『 自分 が 何 を 求めている のか 』

『 自分 とは どういう ひと なのか 』


が 観えてくる


これが とても 大切 な 作業 だと 思う


こういう ふうに あれこれ える 機会 が 

出来る という こと が とても 大切 で


やはり 読書 ってのは 

心 の 栄養 の ため に 必要 だなと 思った


と いった 感じ で いろいろ と 

揺さぶられる 作品 でした


  
それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2017-01-15 00:31 | 小説 | Comments(1)

『 水族館ガール2 』 #050

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 水族館ガール2 』

f0367052_13381877.jpg
『 水族館ガール2 』 詳細 amazon

木宮 条太郎 (著)



水族館“アクアパーク”の飼育員の先輩と後輩という立場から、恋人の関係になった由香と梶。しかし、梶は関西の老舗水族館へ出向。離ればなれの職場でそれぞれが失敗を繰り返す日々。そしてある日、傷を負った野生イルカが海岸に漂着したとの知らせが…女子イルカ飼育員の奮闘を描く感動のお仕事ノベル。イルカやアシカ、ペンギンたち人気物も登場!


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前作 は こちら
『 水族館ガール 』 #015
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


前作 同様 水族館 運営 の 裏側 など

いろいろ な 内情 を 知ることが 出来る 本


その 仕事 独特 の 大変さ とか 工夫 など

を 知るコト は いろいろ と 役立つ ので


俺 は 結構 好き な 作品 です


印象的 だった シーン は


主人公 が 職場 の 問題点 を いろいろ

と 紙 に 書いて 指摘 する ところ


『 問題点 は 皆 気づいてい いるけれど 見たくない から

  見ない ように 意識 の 奥底 へ 追いやって いる  』


みたいな セリフ が あった


だから 指摘 された 側 は 

ムッと してしまう 人 も いる


しかし 問題点 は しっかり と 向き合わない と

ずっと その ままで 改善 される こと は ない


そして 指摘 された こと と 勇気 を もって

向き合う こと で 改善 へと 向かって 行く


こういった こと は 職場 に 限らず

日常的 にも しばしば ある 


やはり 指摘 されたら


言われた ことが 正しい のか どうか

しっかり 考えて みて 


それ が 正しい こと だったら 素直 に 

受け入れて 改善 する こと が 大切 だ


じゃないと ずっと 問題 を

引きずった まま に なって しまう


これは かなり まずい 


問題点 を 指摘 されて 

ムッと してしまう 人たち には 


そういう ところ に しっかり 

気づいて ほしい なと 思った


この 作品 は 結構 楽しく 


いろいろ と 考える 機会 にも なり

全般的 に とても よい 作品 でした


小説 を 読む こと で


人生 で 大切 な こと を

再認識 できる


読書 って ホント に 素晴らし ですね


それでは みなさん

さよなら さよなら さよならっ!


( 新年 初 だが ↑ ひさびさの! )



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2017-01-08 14:19 | 小説 | Comments(1)

『 鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 』 #053

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 』

f0367052_1442818.jpg
『鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常』 詳細 amazon

梨沙 (著), ねぎしきょうこ (イラスト)



冬休みに突入した午後、自分の出生にまつわる秘密を知ってしまった女子高生・こずえは母を一方的に責め、衝動的に家を飛び出した。ひょんなことから鍵屋を営む鍵師・淀川と知り合い、年齢を偽って助手として彼の家で居候することに。そこへ「亡き父が遺したものを知りたい」という依頼者たちにより、他の鍵屋で開けられなかった手提げ金庫が持ち込まれるが…?


と この 本 を 読んで みた


最近 執筆 に 時間 を 使っている ので 

読書 の 時間 は 少ない が


時間 を みつけて 読んで みた


上記 あらすじ にも あるように


女学生 が 年齢 を いつわり

鍵屋 の 助手 として 居候 する といった


ありえない 設定 の 話 だった


あまり ありえそうも ない 設定 だと

物語 に 入り込めない ものだな と 感じた


ただ この 物語 が ラスト で

どこに 着地 するのか 知りたくて 読み進めた


そして ラスト では 母 と 娘 の

気持ち の すれちがい が 解消 される のだが


そこ は なかなか 良かった


すれ違い が 解消 される には

それなり の 理由 が ちゃんと あるか どうか


が ポイント に なる わけ だが

そこが しっかり 設定 されていた 


話 の 筋 が 通って いた ので

読んでいて ああ なるほど と 思えた


人 と 人 は 時には

誤解 や 理解 されない こと を おそれて


本当 の 気持ち を 伝える こと を

避けて しまう こと が ある


しかし そうすることで この 母 と 娘 は

すれちがって しまって いた


そして 誤解 を おそれずに

本当 の 気持ち を 伝えた


その ことで 気持ち の すれ違い が 解消 された


やはり 本当 の 気持ち を

しっかり 伝える こと は 大切 だなと 感じました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-12-27 20:06 | 小説 | Comments(0)

『 荒木飛呂彦の漫画術 』 #052

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 荒木飛呂彦の漫画術 』

f0367052_021392.jpg
『 荒木飛呂彦の漫画術 』 詳細amazon

荒木 飛呂彦 (著)

全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。
「漫画は最強の『総合芸術』」と言い切る彼が、これまで明かすことの無かった漫画の描き方、その秘密を、作品を題材にしながら披瀝する!絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに!  本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。


と この 本 を 読んで みた


この 本 は 昨年 購入して

読んだ 本 なのだが


最近 俺 は マンガ の ネーム を 描いている ので 

勉強 の ため に もう一度 読み返して みた


実際 に 自分 が マンガ の ネーム を 描いてから

読むと やはり より 理解 が 深まった


この 本 には マンガ を 作る 上で

何 が 大切 か たくさん 書かれている ので


自分 が 描いた マンガ の ネーム と この 本 に

書かれている こと を 比較しながら 読むと


自分 の ネーム の 足らない ところが

思いっきり 見えてくる わけ だが


それと 同時 に 改善点 も 見えてくる ので

とても 勉強 に なった


俺 も この 本 で 学んだ こと を 活かして

もう 一度 ネーム を 描き直す こと にした


創作活動 となると 気がつくと どうしても 

時間 を わすれて 集中して 夢中 に なってしまう が


俺 は やはり 何か を 創作 したり 

作る こと が すき なのだな と あらためて 感じた


この 本 は マンガ の 技術 の 本 だが


モノ作り 創作活動 の ヒント にも

かなり 勉強 に なる 本 なので


何かしら 創作活動 を している 方 

にも おすすめ できる


また この 本 は


マンガ が どういう ように どういった こと を 

大切 に して 描かれている のか ということ が


とても 詳しく 書かれている ので

マンガ 好き の 方 も 楽しめる と 思います



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-11-21 00:38 | Comments(0)

『 心霊探偵八雲 9 救いの魂 』 #051

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 心霊探偵八雲 9 救いの魂 』

f0367052_23411744.jpg
『 心霊探偵八雲 9 救いの魂 』 詳細amazon

神永 学 (著) 鈴木 康士 (イラスト)


八雲は高校時代の同級生の妹の生霊を目撃する。集中治療室に入っている彼女の思念は「深い森」と八雲に訴えた。その頃、遊び半分で樹海に侵入した大学生が死体を発見、幽霊から電話がかかってくるようになる。警察を懲戒免職となり、心霊専門の探偵を始めた後藤は、霊からの電話を受けて、とり憑かれてしまう。樹海では両眼の赤い男の目撃情報もあり、何者かの罠と思われたが…。シリーズ最高のクライマックスが迫る!


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている 』 #008
『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 #010
『 心霊探偵八雲 3 闇の先にある光 』 #011
『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』 #019
『 心霊探偵八雲 5 つながる想い 』 #021
『 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 』#022
『 心霊探偵八雲 6 失意の果てに 上・下 』 #030
『 心霊探偵八雲 7 魂の行方 』 #031
『 心霊探偵八雲 8 失われた魂 』 #032
『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹  』 #039
『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 』 #044
『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔 』 #049
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


斉藤八雲   死者 の 魂 が 視える 大学生
小沢晴香   八雲 の 友達
後藤和利   刑事 何かと 八雲 を 頼る
石井雄太郎  後藤 の 部下 の 気弱 な 刑事
真琴     新聞記者 石井 に 想い を 寄せている


この 巻 で 今 出ている 心霊探偵シリーズ は 

全て 読んだ こと に なる


今回 は 新幹線 での 移動時間 に 読み終えた


まず この シリーズ は 読み進める うちに

どんどん おもしろく なり


結構 これ を 読む のが

日常 の 楽しみ と なっていた だけに


全て 読んで しまうと 少し ざんねん で

早く 最新巻 書いて ほしい と 思った


まあ それくら この 作品 の

世界 が 楽しみだった わけ であり


そういう 作品 を 作った ところが スゴイ


楽しい 時間 を 過ごす と いうこと は

人生 に おいて とても 大切 だと 思う


楽しい 時間 を 過ごす と

人 は 自然 と 前進 していける 


俺 も そんな 作品 を なんとか

がんばって 世 に 出したい と 思った


今回 の 内容 で 気になった ところは


主人公 八雲 は 左目 が 赤く

その 左目 で 霊 が みえる


かつては その 自分 の 左目 を

忌み嫌っていた のだが


刑事後藤 と 出会い その目 を 使って

事件 を 解決 していく うちに


その 自分 の 能力 を 大切 に しはじめる

そして 自分 を 理解 してくれる 仲間たち とも 出会った


自分 に 与えられた もの を 受け入れ 活かす と

自然 と 人生 が 豊かになる 


こういうこと は ホント に よくある


最近 の 俺 の 出来事 とも シンクロ していて

この こと が とても 印象的 だった


俺 も 自分 が 表現 したい こと を 

もっと 全力 で 形 に していこう と 思いました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-11-19 00:36 | 小説 | Comments(0)

『 プラチナエンド 1 』 #050

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 プラチナエンド 1 』

f0367052_17222293.jpg
『 プラチナエンド 1 』 詳細amazon

小畑 健 (著) 大場 つぐみ (原著)


「私が“生きる希望"をあげる」架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う――!?




と この 本 を 読んで みた

今回 は マンガ である


先月から マンガ の ネーム (設計図的な下書き) を

描いている ため


いろいろ な マンガ を 読んで 分析 している


そこで 以前 から ずっと 気になっていた 

『 プラチナエンド 』 を 読んで みた


この 作品 は 『 デスノート 』 や 『 バクマン。 』 

の 原作 と 作画 の 2人 の 作品 である


まず 絵 が 激ウマ で

構図 や カット割り が とても 凝っている


絵 で 魅せる ところも かなり 大きい


内容的 には この 作品 は 天使 の 話 で

天使 に 選ばれた 人間 が


1、自由 に どこでも 飛んで行ける 天使の翼

2、33日間 人 に 好きにさせる 天使の赤い矢

3、安らかに 人 を 天に還させる 天使の白い矢


といった 能力 を 人 が 手にすると どうなるか?

そういった 話 が 描かれている


とても おもしろい 設定 である


せっかく の 天使 の 能力 を 手に入れても

人格 が 伴なって いない と 悪用 してしまう


それでは 人 として 何 にも ならない

まったく 意味 が ない


『 大いなる力 には 大いなる責任 が ともなう 』


って 言葉 が ある が ホント その通りだな


ちなみに 俺 は その手の 能力 は

一切 どれも いらない


たとえ なかなか うまく いかなくとも

自分 の 努力 で なんとかしたい派 である


この 第一巻 では


主人公 には 好きな 女性 が いるのに


赤い矢 を 撃たれて しまい

強制的 に 撃った 人 を ホレ させられてしまった


そこで この 巻 は 終わる と いった 

ひじょ~~に 続き が 気になる 終わり方 だった


この あたり も マンガ作品 として 上手い


この 作者 の 前々作 である 『 デスノート 』 

が かなり 巧妙 で マジで スゴイ 作品 だった ので


この 作品 も 今後 どうなるのか

読み進めて みる つもりです



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-11-13 17:57 | マンガ | Comments(1)

『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔 』 #049

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔 』

f0367052_19254395.jpg
『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔 』 詳細 amazon

神永 学 (著) 鈴木 康士 (イラスト)

キャンパスの中心にそびえ立つ時計塔。その最上部の小部屋にある鏡に祈りを捧げると、死者と再会できるという伝説がある。晴香は友人から心霊現象の相談を持ちかけられる。八雲とともに調査を始めた晴香だったが、殺人事件の容疑者として捕らえられてしまう。晴香の無実を信じる八雲たちだが、捜査班からは動かぬ証拠を突きつけられてしまい…。大人気スピリチュアル・ミステリー外伝、シリーズ最大の危機!



と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている 』 #008
『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 #010
『 心霊探偵八雲 3 闇の先にある光 』 #011
『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』 #019
『 心霊探偵八雲 5 つながる想い 』 #021
『 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 』#022
『 心霊探偵八雲 6 失意の果てに 上・下 』 #030
『 心霊探偵八雲 7 魂の行方 』 #031
『 心霊探偵八雲 8 失われた魂 』 #032
『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹  』 #039
『 心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 祈りの柩 』 #044
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


斉藤八雲   死者 の 魂 が 視える 大学生
小沢晴香   八雲 の 友達
後藤和利   刑事 何かと 八雲 を 頼る
石井雄太郎  後藤 の 部下 の 気弱 な 刑事
真琴     新聞記者 石井 に 想い を 寄せている


今回 も ANOTHER FILES シリーズ なので 過去編 である


毎回 おもしろい のだが 今作 は ミステリー としても

先 が 読めず なかなか 読み応え が あった


今回 一番 印象的 だった ところ は


晴香 が 殺人容疑 で 捕まる わけ だが

刑事 後藤 は 晴香 は そんな こと は しない と 信じた


この 人 を 信じる と いう 行為 は


自分 の 望まぬ 結果 を 拒絶 している ことであり

他人 を 自分 の イメージ に 閉じ込めておく こと である


しかし それに よって 確実 に 救われる

人間 も いる はず だと


書かれていた


もちろん 詐欺 や 明らかな 相手 の エゴ など 

信じては いけない ケース も あるが


お互いに 信じあえる 人間関係 に おいては

信じる こと が 相手 を 救う こと が ある


晴香 は 友人たち に 信じて もらえた おかげで

それが 心の支え と なり 強く なること が 出来た


そういう 信頼 と 心の支え みたいな ことが

今作 では とても よく 描かれて いて よかった


たとえば 他 の シーン でも


気弱 な 刑事 石井 が 想定外 の 出来事 に 

対処 できなく なり 自分 の 殻 に 閉じこもって しまった


周囲 の 人間 が この 様子 を 見て 石井 を

「 情けない やつ 」 と 結論 づける のは 簡単 だろう


しかし 石井 に 想い を 寄せている 友人 の 真琴 は

決して 石井 を 情けない とは 思わなかった


真琴 は 石井 は 刑事 には あまりに 繊細 で 優しすぎる だけ で


それと 同時 に 石井 が ここで 潰れる ような 人 では なく

何度 でも 立ち上がる 強さ を 持っている


と 『 信じていた 』


その様な 姿勢 で 真琴 が 石井 に 接した おかげで

石井 は 自分 を 取戻し 立ち直る こと が できた


この あたり の シーン が とても 素晴らしかった


こういった 愛 の ある 姿勢 で 接する こと が

相手 の 本来 の 力 を 回復 させる のだろう


今作 では とくに こういった シーン が 多くあり


この 作品 では 人 を 支えたり サポート する とき に

とても 大切 な 姿勢 の こと が 書かれている


こういった 作品 を 読む こと は

自分自身 の こころ の 栄養 にも なる


そういった 意味 でも 素晴らしく

とても おすすめ の 作品 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-10-29 00:46 | 小説 | Comments(3)

『 ノーブルチルドレンの追想 』 #048

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 ノーブルチルドレンの追想 』

f0367052_9425765.jpg
『 ノーブルチルドレンの追想 』 詳細 amazon

綾崎 隼 (著)

『夏茜』保健部と演劇部の合同合宿が行われた翡翠島、そこで四人が遭遇したのは“三重の密室事件”で…。『琴弾麗羅の揺籃』頓挫した復讐に人生の意味を奪われた麗羅は、虚しい日々の果てに一筋の光を見出すが…。『桜塚歩夢の罪科』贖罪の人生を選び取った歩夢の旅路は国境を越え、孤独の果てに小さな花を咲かせて…。旧家の怨念に翻弄され続けた高貴な子どもたちは今、時を越え、勇敢な大人になる。現代のロミオとジュリエット、珠玉の短編集。


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 ノーブルチルドレンの残酷  』 #009
『 ノーブルチルドレンの告別  』 #045
『 ノーブルチルドレンの断罪 』 #046
『 ノーブルチルドレンの愛情 』 #047
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ノーブルチルドレン シリーズ の 最終巻

今作 も とても 素晴らしかった


まず この シリーズ は プロット が

かなり 徹底的 に 練り込まれている


プロット とは 小説 の 細かい 設定 など

つまり 物語 の 設計図 の こと である


前作 の 『 ノーブルチルドレンの愛情 』 では

物語 の 展開 が 派手 に 展開 されたが


今作 の 『 ノーブルチルドレンの追想 』 を 読むと


あの 前作 の ストーリー では 描かれて いなかった

ストーリー の ウラ側 を 読むことが できる


前作 の 話 では どうして こういう 結果 に

なったのか と 少し 疑問 に 思う ところ が あったが


今回 の この ウラ話 を 読む と


「 ああ、、、こういう 事情 だったのか、、、 」


と 心情的 にも 見事 に 納得


もちろん 内容的 にも かなり よく

いろいろ と 共感 できる イイ シーン が 多かった


( この 先 ネタバレ に なります )


ロミオとジュリエット の ように 

いがみ合う 両家 の している こと に 対して


この 物語 の 主人公 緑葉 (みどりは) は


「 両家 の くだらない 遺恨 を 二人で 

  何もかも ぶち壊して やろうと 思うの 」


と 言い 


自分 が 病院 を 経営 する 一族 の 頭首 となる


そのために 全力 の 努力 を した


医学部 に 入り 誰にも 負けない 技術 を 身に付け

そして 一族 の 頭首 に なった


頭首 に なれば 誰にも とやかく 言われない

そうして 運命 を 自力 で 切り拓き 


いがみ合う 相手方 の 一族 の 子息 である

最愛 の 相手 と 結婚 した


そして 一族 の くだらない いがみ合い に

2人 で 終止符 を 打つこと に した


なんか 本当 に イイ 話 だなと 思った


また 主人公 の 仲間 は こう 言う


「 多分 それは そう 気づいた者 にしか 出来ない ことで

  俺 は 気づいちまった 人間 だから そういう 人間 が

  負わなきゃ いけない 責務 だと 思うから 」


と 言う


何事 においても 気づいている人 と そうでない人 が いる

ならば 気づいている人 が 動く べきだと 言うのである


ま 本当 に そう 思うね


職場 でも どこでも 人間関係 に おいて は


周囲 や 相手 が どうであれ 

まず 気づいている人 が 率先して 動いていく ことが 大切 


実際 俺 も そいった 場面 を よく 目 に してきた


こういう 小説 を 読んで あらためて その こと の

大切さ を より 理解 できる ように なる


そういった 意味 でも 読書 は 大切 である


まだまだ イイ シーン が いっぱい あった

が この あたり に しておこう


この シリーズ は かなり おすすめ である


シリーズ 通して よかった が その 中でも とくに

4作目 と 5作目 が かなり そーとー よかった


いや~ 読書 って 本当 に 素晴らしい ですね

それでは さよなら さよなら さよなら


( 古っ! ↑ ひさしぶりのっ! )



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-10-21 11:41 | 小説 | Comments(3)

『 ノーブルチルドレンの愛情 』 #047

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 ノーブルチルドレンの愛情 』

f0367052_22504382.jpg
『 ノーブルチルドレンの愛情 』 詳細 amazon

綾崎 隼 (著)

そして悲劇は舞い降りる。美波高校の『演劇部』に所属する舞原吐季と、『保健部』に所属する千桜緑葉。心を通い合わせた二人だったが、両家の忌まわしき因縁と暴いてしまった血の罪が、すべての愛を引き裂いていく。彼女に心を許してしまいさえしなければ眩暈がするほどの絶望も、逃げられやしない孤独な永遠も、経験することなどなかったのに。琴弾麗羅の『告別』が、桜塚歩夢の『断罪』が、千桜緑葉の『愛情』が、舞原吐季の人生を『残酷』な未来へと導いていく。現代のロミオとジュリエット、絶望と永遠の最終幕。


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 ノーブルチルドレンの残酷  』 #009
『 ノーブルチルドレンの告別  』 #045
『 ノーブルチルドレンの断罪 』 #046
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この シリーズ は 全部 で 5巻 まで あるのだが

最後 の 5巻 は 回想 なので


今回 の 4作目 で 物語 が 完結した


これまで の 3冊 は とても おもしろかった わけ だが


この 4作目 は どうだったか と 言うと

これも よかった いやいや ものすごく よかった


涙 なしでは 読む こと が できない

やたら 感動した 


ちょっと いろいろ と 思うところ が あって

俺的 には かなり 心 に 響いた


これは 本当 に 最後 まで 読んでよかった


あまりにも 感動 してしまった ので

読み終わったら 思わず 拍手 してしまった


( この 先 ネタバレ に なります )


現代版 ロミオとジュリエット との こと なので

分類的 には 悲劇 かと 思っていた のだが


なんと


じつは 『 ハッピーエンド 』 だった

ものすごく イイ 話 だった


いがみ合う 一族 どうしでの 恋愛 だったが


なんとも 主人公 緑葉 は 長い 時間 を かけて

たくさん の 課題 を 乗り越えて 


最後 は めでたく 敵対する 家 の 吐季 と 結婚 する


2人 が 出会った のが 16歳 の とき で

ようやく 結婚 に 辿りついた のが 36歳 


なんと 20年 もの 歳月 を かけて

必死 に 努力 して 課題 を クリア して


やっと 2人 が 結ばれた わけ である


その 20年 の 間 2人 は 一度 も

会うこと もく お互い 大変 な 日々 を 送っていた


しかし 20年間 ずっと お互い の こと を 好き だった


そして 結婚 


俺 も 読みながら こいつら うまく いくと いいのに

と 見守るような 気持ち で 読んでいた ので


これは ヤバイ だろ かなり 感動 した


やはり なんといっても 

最愛 の 人 と 結ばれる のが 一番 だと 感じました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-10-18 12:28 | 小説 | Comments(4)

『 ノーブルチルドレンの断罪 』 #046

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 ノーブルチルドレンの断罪 』

f0367052_22152331.jpg
『 ノーブルチルドレンの断罪 』 詳細 amazon

綾崎 隼 (著)

美波高校の『演劇部』に所属する舞原吐季と、『保健部』に所属する千桜緑葉。決して交わってはならなかった二人の心が、魂を切り裂く別れをきっかけに通い合う。
 しかし、奇妙な暖かさに満ちていた二人の幸福な時間は、長くは続かなかった。仇敵である舞原と千桜、両家の執拗な糾弾が勢いを増していく。そして、二人の未来には、あまりにも重く、どうしようもないまでに取り返しがつかない代償が待ち受けていて……。ポップなミステリーで彩られた、現代のロミオとジュリエットに舞い降りる、儚き愛の物語。悲哀と遺愛の第三幕。


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 ノーブルチルドレンの残酷  』 #009
『 ノーブルチルドレンの告別  』 #045
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この シリーズ は 結構 おもしろく

続き が 気になり 早速 3作目 を 読んでみた


物語 が 進んでいく に つれて 


登場人物たち が 背負っている 事情 が 

いろいろ と 明らかに なって きた


ちょっと 人 と 違うな と 感じる こと には

必ず その人 が 通って来た 人生 が 関係 している


そういう ところ が しっかりと 描かれていて


「 なるほど そういう 事情 だったんか、、、 」


と 読み すすめて いく うちに


今まで 疑問 に 思っていた こと が

明らか に されて いき 納得 を 得た


「 ああ この 人物 は こういう 事情 で

  あのように 行動して 

  あのように 言葉 を 発して いたのか  」


と 理解 できた


一見 どうして あの人 は あのような

こと を 言った の だろうか?


と 感じる ことでも 本人 には 本人 の

事情 と いうものが 存在 する


その お互い の 事情 を 伝え合い 知ることで

お互い の 理解 が 深まって いく


これ は 本当 に 大切 な こと だと 思う


事情 を 説明 しないと 誤解 が 生じたり

場合 に よって は 摩擦 が おこったり してしまう


これ だけ は やはり 避けたい


相手 に 事情 を しっかり 話して 伝える 

相手 の 事情 を しっかり 聞いて 知る


そうする ことで 相互理解 が 深まる 

そして 向うべき 方向性 も 自然 と みえてくる


今回 の 作品 では そこが とても

しっかりと 描かれて いた


ストーリー的 には 先 の 読めない 展開 で

しかも いろいろ と 伏線 となって いて 


とても 先 が 気になる 内容 だった


現代版 ロミオとジュリエット 的な 話 で

両家 は 一族 もろとも いがみ合っている


そして 親 や 親族 たち が 

2人 の 恋愛 を 認めようと しない


なんとか うまく いって ほしい

と 思いつつ どうしても 読んでしまう


やはり せっかく 出会い 惹かれ合った のだから

なんとか 幸せ に なって もらいたい ものである


ロミオとジュリエット なので この 先 の

方向性 は やはり みえて いる わけ だが


ハッピーエンド が すき な 俺 としては

あまり みたく ないような 気もするが


その エンディング を 読んで 実際 に

俺 は 何 を 感じる のか も 気になる


といった わけ で このまま 

続き を 読み 進めます



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-10-16 05:42 | 小説 | Comments(2)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31