図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

タグ:小説 ( 68 ) タグの人気記事

『 虹色ほたる―永遠の夏休み 上・下 』 #028

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 虹色ほたる―永遠の夏休み〈上〉 』

f0367052_20514229.jpg
『 虹色ほたる―永遠の夏休み〈上〉 』 詳細 amazon

川口 雅幸 (著)

小6のユウタは一人、亡くなった父との思い出の地である山奥のダムを訪れていた。ところが突然の雷雨に襲われ、足を滑らせ気を失ってしまう。やがて目覚めたユウタの目の前には、ダムに沈んだはずの村が…。タイムスリップした1970年代の村で、ユウタは同い年の少年ケンゾーと、妹のような女の子・さえ子と出会う。失われゆく日本の原風景とともに、少年の最後で最高の夏休みがはじまった!誰の心にもある永遠の夏休みを描いた、懐かしくも切ない感動ファンタジー、上巻。


f0367052_20531251.jpg
『 虹色ほたる―永遠の夏休み〈下〉 』 詳細 amazon

川口 雅幸 (著)


少年ユウタがタイムスリップした1970年代の田舎の村。ケンゾーとさえ子というかけがえのない仲間とともに過ごす最高の夏休みも、終わりに近づいていた。元の世界に帰らなければならないユウタ。そして、幼い少女さえ子にも、隠された秘密があった…。失われゆく美しい日本の夏の風景の中、物語は感動のクライマックスを迎える。ラスト、涙がとまらない―。誰の心にもある永遠の夏休みを描いた、懐かしくも切ない感動ファンタジー、完結編。


と この 本 を 読んで みた


この 作品 は 児童書 との こと で

主人公 も 小学生 のちに 大人 に なりますが


ただ なんとなく 夏休み な 感じ の

作品 を 読んで みたくて 読んで みた


さすがに 小学生 の 話 なので

読みはじめ は あまり しっくり こなかった


しかし 最後 には なんとも 感動 していた

エンディング も かなり よかった


この 作品 は 


夏休み に タイムスリップ する 話 なのだが

人 との ご縁 に ついても 描かれて いる


人 との 出会い は ご縁 であり そこには

過去 の 時代 とも 何らか の 関係 が ある


こうして ブログ を 介して 出会う 仲間 

読者 の 方々 との ご縁 も そこには


何かしら 意味 が あり みえない 力 が 働いている


この 作品 の 中 でも 


「 ここで 出会う 人たちは 何か ご縁

  のような ものを 感じましてね

  私たち は 何か 不思議な 力によって この場所に 

  導かれ 集まるべくして 集まったのでは ないかと

  現に この場所で こうして あなたと 再会できたのも

  ただの 偶然では ないような 気がするんです     」


と こんな セリフ が あった


俺 自身 にも 幾つか それと 似た 体験 が あり

こういう こと を 考える と 感動 する


そして ときどき このような いにしえ から の 

ご縁 に ついて 考える こと は 大切 だと 思う


そう 考えると


今 俺 の 周り に いる 仲間たち や

これから 出会って いく 仲間たち は


以前 も いつか どこか の 場所 でも

仲間 だった のだろと 考えると


とても 大切 で たまらない 気持ち になる


やはり 出会い や 仲間 が 集う には

みえない 不思議 な 力 が 働いて いる


ご縁 とういう もの を 大切 に したいなと

あらためて そう 感じた 作品 でした



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-29 21:53 | 小説 | Comments(1)

『 神様の御用人 』 #027

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 神様の御用人 』

f0367052_13374590.jpg
『 神様の御用人 』 詳細 amazon

浅葉なつ (著)


神様たちの御用を聞いて回る人間―“御用人”。ある日突然、狐神からその役目を命じられたフリーターの良彦は、古事記やら民話やらに登場する神々に振り回されることになり…!?特殊能力もない、不思議な力を放つ道具も持ってない、ごく普通の“人間”が、秘めたる願いを持った神様たちにできること。それは果たして、助っ人なのかパシリなのか。モフモフの狐神・黄金とともに、良彦の神様クエストが今幕を開ける!


と この 本 を 読んで みた

とても おもしろ かった


神 の 願い を 叶えて あげる 人 の 話


「 え? 逆じゃね? 」


と 一瞬 思ったり も する かも しれないが

じつは こういう ケース は 実際 よく ある


俺 の 身 にも よく ある 


天 は 世の中 を よく する ため に

動いて くれる 人 を 探している


この 作品 を 読む こと で


従来 の 天 に 自分 の お願い を する

という 視点 だけ では なく


新たに 天 の お願い を 読み取る という

視点 を もつ きっかけ に なる と思う


そして その 結果 として


世の中 の ため に 動く 人 が

ひとり でも 増える と イイ な 感じた


この 作品 かなり 人気 が ある ようで

現在 第6巻 まで 出ている


この 出版社 の 売れ行きランキング を みると

( 2016年 8月 27日 15:00 現在 )


1位 3位 6位 7位 8位 と 

トップ10 に なんと 5冊 も 入っていた


これって かなり スゴイ こと だなと


累計 100万部 突破 との こと で

かなり 多く の 方々 に 読まれている 


そこ から しても


天 の ため に 人 が 


世の中 を よく しよう と 動く 時代 に

どんどん なって きている の かも


そんな こと を 感じました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-27 15:50 | 小説 | Comments(2)

『 ビブリア古書堂の事件手帖 3 ~栞子さんと消えない絆~ 』 #026

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 ビブリア古書堂の事件手帖 3 ~栞子さんと消えない絆~ 』

f0367052_16513952.jpg
『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』 詳細 amazon

三上 延 (著)

鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語。


と この 本 を 読んで みた

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち 』 #001
『 ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 』 #006
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


やはり この シリーズ は おもしろい

安心して 読める 作品


今回 は 3つ の 話 が 収録 されていて

俺的 には 第二話 が 印象的 だった


母 と 娘 の 確執 の 話 なのだが


一冊 の 絵本 を きっかけに

お互い の 理解 が 深まり 距離 が 近づく


例 に よって 


主人公 の 古本屋 店主 栞子 (しおりこ) が


その 事件 に 関わる 本 や 人々 の 

ウラ の ストーリー を 観抜いて いく


どうして 主人公 の 栞子 には 

そんな こと が 出来る のか と 言うと


1つ には 古本 に たいする 知識 


知識 が あれば それ が 本当 の こと か

どうか 判断 でき より 真実 に 近づける


そして もう 1つ は 相手 の

言葉 や 行動 に たいする 敏感さ と 洞察力 である


主人公 栞子 は その 事件 に 関わる 人たち の 

言葉 や 行動 を とても 真剣 に 受けとめ 


「 その 言葉 や 行動 の 奥 に ある もの は

  どういった 気持ちか どいった 事情か を 考える 」


そうする こと で 物語 の 真実 が みえてくる


なにげに 言っている 言葉 や 

なにげに している 行動 には


じつは その人 が 抱えている 事情 とか 

心境 が 結構 現れて いたり する


そこを 感じ取れる か どうか である


「 どうして あんな こと を しているのか 」

「 どうして あんな こと を 言っているのか 」


主人公 の 栞子 は 


その 言葉 や 行動 の 奥 に ある もの を 

しっかり 考え 的確 に 観抜いて いく


それが 解決 へと 繋がって いく


人 と 人 が しょうとつ する とき


その 言葉 や 行動 の 表面 だけ を 

みて しまっている ことが 多い


「 大切 なのは 表面 では なく 

  その 奥 に ある 本当 の 気持ち 」


これ が 大切


「 あいつ あんな こと 言ったり やったり

  してるけど 本当 は ~~ なんじゃ ないのかな 」


とか


そこ を お互い が 知る こと で 

誤解 も 解け 相手 の 真意 が みえてくる


この 作品 とても いい 作品 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-24 19:13 | 小説 | Comments(1)

『 水鏡推理 3 パレイドリア・フェイス 』 #025

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 水鏡推理 3 パレイドリア・フェイス 』

f0367052_1611970.jpg
『 水鏡推理 3 パレイドリア・フェイス  』 詳細 amazon

松岡 圭祐 (著)



大地震の後、山中に出現した巨大な土の塊。人の顔そっくりの隆起は「人面塚」と名付けられ、マスコミが貧村に殺到する。その隣村では地球のN極S極が逆転する現象の新たな証拠が見つかる。立て続けに発見された地球の成り立ちの常識を変える二大現象に、文科省タスクフォースのヒラ事務官・水鏡瑞希が挑む。


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 水鏡推理 1 』 #012
『 水鏡推理 2 インパクトファクター 』 #014
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


研究資金 に 関する 不正 を 調査 する

文部科学省 に 実在 する 機関 の 話


この 作品 の シリーズ は おもしろい


タイトル の 『 パレイドリア 』 とは

この ↓ こと

f0367052_19321019.jpg









なんでも ない モノ が 顔 に みえる ように

本来 そこ に ないもの を 思い浮かべる こと


『 シミュラクラ現象 』 とも 言う


で 今回 の 『 水鏡推理 』 は 


地質学 に 関する 話 で

専門用語 が 多い ので すこし むつかし目 


しかし 


いろいろ な 謎 が 展開 され 

やがて その 謎 が 次第 に 繋がって いく


そして 終盤 で 一気 に その 謎 を 解いていく

ところは 相変わらず かなり おもしろかった


今回 一番 印象的 だった ところ は

少し ネタバレ に なりますが


仕事 で 不条理 を 味わい

途方に暮れた 官僚 が 疑問 を 投げかける


「 頑張っても 報われない とき

  どうすれば いい でしょう? 」


すると こう 返って きた


「 頑張ってるなんて 思わないほうが いいんじゃないか 」


「 やりたいこと を やってる だけ

  そう思っときゃ いいんじゃないか

  頑張ったら 報われるって 前提があるから

  そうならないと 頭にくる

  なにか褒美をもらえると 期待してちゃ

  もらえなくて 虚しい思いを ひきずる

  見返りも対価も求めず働くのが 一番いい生き方だろうな 」


ここ が 印象的 だった


これは 仕事 だけ じゃなく 

いろいろ な こと に 当てはまる と 感じた


もちろん エゴ や 独善 とか では なく

愛 と 調和 での 範囲 で あれば


仕事 や 夢 や 趣味 人間関係 や 恋愛 も


「 すき だから そう している 」


そういう 人生 は しあわせ であり

やはり それが 大切 だなと 感じました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-22 20:01 | 小説 | Comments(2)

『 ようするに、怪異ではない。 』 #024

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 ようするに、怪異ではない。 』

f0367052_9174862.jpg
『 ようするに、怪異ではない。 』 詳細 amazon

皆藤 黒助 (著)


高校に入学した皆人が出会ったハル先輩は、筋金入りの妖怪マニア。彼女は皆人のもとに「妖怪がらみの事件」とやらを次々に持ち込んでくる。部室に出ると噂の幽霊の正体、天窓から覗くアフロ男、監視カメラに映らない万引き犯…。とある過去から妖怪を嫌う皆人は、ハル先輩に振り回されながらも謎を解き明かしていく。爽やかでほろ苦い、新たな青春ミステリの決定版!



と この 本 を 読んで みた


「 怪異 」 とは いわゆる 「 妖怪 」 の こと

つまり この 作品 は 妖怪 に 関する 物語 


この 作品 を 選んだ 理由 は ただ

「 な ん と な く 」 

手 に とり 読んでみた だけ である


ところが


5つ の 話 が 収録 されている のだが

最後 の 話 が ものすごく 良かった


最初 の うちは 

まあ 普通 に 読んでいた のだが


それが だんだん おもしろく なり


そして 最後 には なんとも 感動 していた


最近 は 何かと 「 妖怪のせい? 」

に されてしまう こと も ある ようだが


この 小説 では じつは それは 妖怪 の せい 

では なく 人間 の せい である と いった 作品


ああ これは イイ こと だなと 感じた


どんな もんだい で あっても


自分以外 の せい に せず に その 問題 を

自分自身 の 問題 として 向き合う こと で 


新しい 一歩 が 踏み出せる 


また この 作品 では 

「 正論 」 に ついて も 描かれて いた 


主人公 は 正論 こそ が 正しい と 信じていた

もちろん 正論 は とても 大切 である


しかし ときには 


それ が 非 の 打ちどころ が ない くらい 

正しい が ゆえに 人 を 追い詰めて しまったりもする


つまり


「 正しい こと を どう 表現 していくか 」


が 大切 であり


主人公 は 友人達 の 言動 や 妖怪事件 を 通して 

その こと に 気がついて ゆく


そして その 主人公 の 気づき の ために

自分 が あえて いやな役 を 買って出てくれる 友人


ぶちゃけ この あたり に 俺 は かなり 泣ける


いろいろ な 要素 が 絡みあい

主人公 は 大切 な こと に 気づいていく


人 が 大きな 変化 や 気づき を 得る とき は


その 気づき の ため に 大きな 愛 で

関わり 支えて くれている 存在 が 必ず いる


人 は たいてい の 場合 自分 ひとり で 

気づき 成長 していける わけ では ない


人 は 人間関係 の なかで 


ときには 喜び ときには 傷つき ながら 

自分自身 に 気づき 成長 していく


この 作品 では とくに ラスト の 話 では

その 様子 が とても 見事 に 描かれていた


とても 素晴らしい 作品 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-21 07:43 | 小説 | Comments(1)

『 書店ガール  』 #023

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 書店ガール  』

f0367052_20175035.jpg
『 書店ガール 』 詳細 amazon

碧野 圭 (著)


吉祥寺にある書店のアラフォー副店長理子は、はねっかえりの部下亜紀の扱いに手を焼いていた。協調性がなく、恋愛も自由奔放。仕事でも好き勝手な提案ばかり。一方の亜紀も、ダメ出しばかりする「頭の固い上司」の理子に猛反発。そんなある日、店にとんでもない危機が…。書店を舞台とした人間ドラマを軽妙に描くお仕事エンタテインメント。本好き、書店好き必読。



と この 本 を 読んで みた


俺 は 本 が すき なので かなり の 

頻度 で 図書館 や 書店 を 訪れる


東京 名古屋 博多 など 大きな 街 へ 行くと

ジュンク堂 など の 大規模 な 書店 が あり 


俺 は 必ず そこには 足 を 運んでしまう


そんな 書店 の 小説 ということで 読んでみた


基本的 に 俺 は 職業 に 関する 

小説 は かなり すき で


それぞれ の 仕事 に よって いろいろ と 

表面 から は わからない 心配り 努力 工夫 が ある


本 を 通して そいういった こと を 

知る こと は とても 大切 で


自分 の 仕事 への 取り組み に 

刺激 や 良い 影響 を 与えて くれる


この 作品 でも 


自分たち の 書店 を 少しでも 良く していこう と


みんなで あれこれ 試行錯誤 しながら 

協力 して 努力 する 姿 が 描かれている


仕事 に 前向き に 取り組む 姿 は 

やはり 美しく 読んでいても 気持ち が いい


『 水鏡推理 1 』 を 読んだ とき にも 感じたが


自分 の 選んだ 仕事 に 誇り を 持ち

真剣 に 努力 する 生き方 は イイ なと 


自分 の 仕事 を 見つめ直したり

モチベーションアップ を したい とき には 


『 水鏡推理 1 』 #012
『 水族館ガール 』 #015


仕事 に 関する 小説 を 読んでみる と

いろいろ と ヒント に なるかと 思います



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-18 21:35 | 小説 | Comments(2)

『 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 』#022

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 』

f0367052_10115226.jpg
『 心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆 』 詳細 amazon

神永 学 (著)


一心の口から語られる驚くべき八雲の過去に、晴香は涙する―中学教師の高岸明美は、他人を寄せ付けず、寂しげな目で教室にたたずむ1人の少年のことが気になっていた。彼の名は斉藤八雲。“幽霊が見える”と噂され、クラスメートから疎まれる孤独な少年を、明美は必死に理解しようとするが…迫りくる恐るべき事件の影、その先に待ち受ける最大の悲劇、その時八雲は!?謎に包まれた過去が明らかになる、衝撃の八雲少年時代編。


と この 本 を 読んで みた

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている 』 #008
『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 #010
『 心霊探偵八雲 3 闇の先にある光 』 #011
『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』 #019
『 心霊探偵八雲 5 つながる想い 』 #021
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


今回 は 霊 が 視える 主人公 八雲 の

中学生時代 の エピソード であった


ちょっと 印象的 な シーン が あったので

ちょっと ネタバレ に なりますが ご紹介 します


霊 が 視える こと で 周りから 理解 されず

心 に 壁 を 作り 誰とも 接しよう としない 主人公


そんな 主人公 が 同じ クラス の 生徒 に

一方的 に ケンカ を 仕掛けられ からまれてしまう


主人公 八雲 は そんな 相手 を 

まったく 相手 に せず 何 も しなかった


その ケンカ を みた クラス担任 は 家庭訪問 をして

八雲 の 保護者 である 寺 の 住職 と 話す


クラス担任 は 八雲 は 何も していないから


「 八雲君 には 落ち度 は ありません 」


と 八雲 の 保護者 である 住職 に はなした

すると 住職 は


「 私 は 八雲 が 何も しなかった こと こそ

  落ち度 だと 思っています 」


「 人間関係 の 中 で 何も しない ことが 逆に

  相手 の 感情 を 逆撫でしてしまう ことは よくあります 」


「 本人 に その つもり が なくても

  優越感 に 浸っている ように 見られたり

  何を 考えているか 分からない から こそ

  相手 は 不安 に 思うということも あります 」


と 答えて いた


この シーン が とても 印象的 だった


小説 と いう 表現手段 を 使って


こういう 大切 な こと を 多くの 方々 に

知らせる こと が 出来る のか、、、と 感じた


言葉 とういう もの は


自分 の ため に 使う だけ では なく

やはり 相手 の ため に 使う こと も 大切 


家族 夫婦 恋愛 家庭 学校 会社 でも


人間関係 に おける 言葉 とか 思いやり ってのは 

本当に 大切 だなと 最近 とくに 感じています



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-16 10:59 | 小説 | Comments(3)

『 心霊探偵八雲 5 つながる想い 』 #021

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 心霊探偵八雲 5 つながる想い 』

f0367052_8292360.jpg
『 心霊探偵八雲 5 つながる想い 』 詳細 amazon

神永 学 (著)


八雲が消えた―!?15年前に起きた猟奇殺人事件の現場で、ビデオカメラに映り込んだ、恐ろしい形相をした女性の幽霊。八雲は相談を受けるが、その映像を見たとたん、なぜか突然姿を消してしまう。一方、時効成立間近に姿を現した、殺人事件の容疑者を追う後藤刑事までもが行方不明に。いったい2人はなぜ姿を消し、何処へ行ってしまったのか!?今、晴香の命をかけた八雲捜索が始まる―大人気シリーズ、緊迫の第5弾。


と この 本 を 読んで みた

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている 』 #008
『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 #010
『 心霊探偵八雲 3 闇の先にある光 』 #011
『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』 #019
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


ストーリー の 展開 の 先 が 気になり

相変わらず おもしろく すらすら 読める 作品


今回 は 展開 が おもしろかった

ちょっと ネタバレ に なりますが


斉藤八雲   死者 の 魂 が 視える 大学生
小沢晴香   八雲 の 友達
後藤和利   刑事 何かと 八雲 を 頼る
石井雄太郎  後藤 の 部下 の 気弱 な 刑事


この うち 原動力 となる 登場人物 は

主役 の 八雲 と 刑事 の 後藤


しかし この 主力 の 2人 が 物語 の 中ほど で

なんと 行方不明 となって しまう


YU-KI の いない TRF みたいな 状態

おいおい 一体 誰 が 歌うんだよ と


それで 残された 晴香 と 石井 たち が

頼りなさげ に なんとか 物語 を 牽引 していく


ところが なんと!


いつも 後藤刑事 に 頼りっぱなし だった 石井 が 


男 には やらねばならぬ とき が ある

と 言わんばかり に 心 を 入れ替え 覚醒 した


石井 は 大活躍 しはじめて なんと 

後藤刑事 の 救出 に 成功 してしまった


と いった 感じ の 話 なのだが


『 働きアリ の 法則 』 なるもの が ある


別名 「 2:6:2 の 法則 」 とも 言うが


働きアリ の 集団 を 観察 すると


2割 が 懸命 に 働き 

6割 が 普通 に 働き

2割 が サボって いる


ところが 


この 2割 の サボっている アリ だけを 

集めて また 新たな 集団 を 作ると


さっきまで サボって いた アリ が 働きだし

また その 比率 は 2:6:2 と なる


これが 『 働き アリ の 法則 』 


今回 の この 作品 では


いつも 頼りに していた 

八雲 と 後藤 が いなくなった ため


この 働きアリ の 法則 が 発動して

石井 と 晴香 が 活発 に 働きだした のだろうか


普段 頼っていた 人 が 急に いなくなると

残された 人たち が 自然 と 働き だす


今回 の 石井 の 活躍 を 読みながら

なにげに そんな こと を 思いだして いた



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-13 23:58 | 小説 | Comments(1)

『 甲賀忍法帖 山田風太郎忍法帖 1 』 #020

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 甲賀忍法帖 山田風太郎忍法帖 1 』

f0367052_22212590.jpg
『 甲賀忍法帖 山田風太郎忍法帖 1 』 詳細 amazon


山田 風太郎 (著)

家康の秘命をうけ、徳川三代将軍の座をかけて争う、甲賀・伊賀の精鋭忍者各十名。官能の極致で男を殺す忍者あり、美肉で男をからめとる吸血くの一あり。四百年の禁制を解き放たれた甲賀・伊賀の忍者が死を賭し、秘術の限りを尽し、戦慄の死闘をくり展げる艶なる地獄相。恐るべし風太郎忍法、空前絶後の面白さ。



と この 本 を 読んで みた


この 作品 は 「 小説の書き方 」 の 本 

の 中 で 『 絶賛 』 されていた ので 読んでみた


果たして 本当 に それほど までに 

面白いのか どうなのか と


で どうだった かと 言うと


時代小説 は あまり 読んだことが なかった ので 

最初 は ちょっと 文体 に 慣れなかった が 


読み進める うち に 


これは なんか マジで スゴイ 作品 


だなと 感じた


よくぞ ここ まで 世界観 から

ストーリー まで 創造して 編み出した ものだな


こんな 話 を 思いついた のは スゴイ 


甲賀忍者 10名 と 伊賀忍者 10名 が

多彩 な 忍術 を 使い 対戦 する 話 だが


おそろしい ほどの 身体能力 を もつ 忍者

変幻自在 に 顔 を 変えれる 忍者

相手 の 心 を 自在 に あやつる 忍者 などなど


多種多様 な 驚くべき 忍術 を 駆使した

壮絶 なる たたかい が 繰り広げられる


しかも


f0367052_23523716.jpg









こんな ↑ 感じ の イメージ で 

( 図 は ただ の イメージ です )


火 は 風 には 強い が 水 には 弱い みたいに 


それぞれ の 忍者 にも 

得意 な 相手 と 不得意 の 相手 が あり


どの 甲賀忍者 と どの 伊賀忍者 が

道中 バッタリ 出会って 対戦 するかで


勝負 の 流れ や 勝敗 が 大きく 左右 される 

という 見どころ まで 用意 されている


絶賛 も なるほどな と 納得 


この 作品 には 話 を おもしろく する ため の 仕掛け が 

これでもか と 言わん ばかりに ふんだんに 盛り込まれて おり


創造的 な モノ作り や おもしろい 本 を 作る 上で

とても 参考 に なる 作品 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-12 23:59 | 小説 | Comments(1)

『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』 #019

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』

f0367052_14184437.jpg
『 心霊探偵八雲 4 守るべき想い 』 詳細 amazon

神永 学 (著)

教育実習のため、とある小学校にやってきた晴香は、幽霊が見えるという寂しげな少年・真人に出会う。真人は晴香に「自分は呪われている」と告げるが…。一方八雲は、真人の通う小学校で起こった幽霊騒動を追ううちに、手首だけを残し、骨まで燃え尽きた謎の死体を発見する。人間業とは思えない超高温で焼かれた異常な状況。果たして犯人は人間か、それとも!?八雲の赤い左眼が再び煌めく、人気シリーズ第4弾。



と この 本 を 読んで みた

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている 』 #008
『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 #010
『 心霊探偵八雲 3 闇の先にある光 』 #011
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


とても 読みやすい 作品 で

巻 を 追うごとに どんどん おもしろく なる


斉藤八雲   死者 の 魂 が 視える 大学生
小沢晴香   八雲 の 友達
後藤和利   刑事 何かと 八雲 を 頼る
石井雄太郎  後藤 の 部下 の 気弱 な 刑事


主な 登場人物 は この 4人 だが

みな とても キャラ が 立っていて


それぞれ が とても 個性 が あり 味 が ある


もちろん この 作品 は ミステリ としても 

よく できていて なかなか 読み応え が あるのだが


この 作品 の イイ ところ は 


その けんか の ような 会話 の やりとり とは 裏腹 に 


登場人物たち が みな なんだかんだ 言って 

とても 思いやり に あふれている


「 ちょっと した 言葉 の 中 に 」

「 ちょっと した しぐさ の 中 に 」

「 ちょっと した 行動 の 中 に 」


思いやり が あふれている


『 ちょっと わかりづらい の だけど

  本当 は とても 優しく 思いやり が ある 』


そんな 感じ なの が 俺 は とても すき で

読んでいて 共感 できて 好感 が 持てる


また 俺 自身 も そんな やさしさ に 気づけたり

示せたり できる 感じ の ひと で ありたい 


人 の やさしさ ってのは 日常 の

ほんの ちょっと した ところ に 現れる


ややもすると あまりにも 自然 すぎて

気づかれず に うもれて しまうかも しれない


しかし そういった 見えない ところ に

こころ を 配る こと は とても 大切 だと 思う


「 ああ これは こやつ なりの やさしさ だよな、、、 」


と そんな ところ を 発見したり 感じ取り ながら 読むと

この 作品シリーズ は さらに たのしめる かと 思います



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-10 15:17 | 小説 | Comments(1)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30