図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『 天使の守護のアリエッタ 』 #066

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 天使の守護のアリエッタ 』

f0367052_22395862.jpg
『 天使の守護のアリエッタ 』 amazon 詳細 (

松岡 圭祐 (著)


鈴川明恵、六歳の子を持つシングルマザー三十三歳。これまでの人生でいいことはなかった。それがふとソウルに旅立ったことから、未来が回転し始めた! ファン・ヨウォンという女優に変身した彼女は国民的な大女優に。だがその裏にはミステリーが……。




と この 本 を 読んで みた


主人公 の 人生 に 次々 と

ありえない 幸運 が 訪れて


どんどん と 人生 が 展開 されていく 話


ぶっちゃけ これ は ありえねえ だろ と 思えるが

正直 小説 であるならば こういう 展開 は


読んでいて おもしろい


このような 奇跡的 な 幸運 な 出来事 が 

立て続け に 次々 と 起こる こと は 


俺 の 経験 から 言っても 実際 に ある


ただ 実際 に 奇跡的 な 展開 が

次々 に 起こる とき というのは


ものすごく 努力 を している 時 なので

現実 は やはり 努力 や 実力アップ しかない 


現実 と 小説 の 混同 は よくない ので


小説 は 小説 で エンターテインメント として

わりきって 読む という 姿勢 は 必要


しかしながら この 作品 は 小説 であり

現実 が 描かれている わけ ではない 


だったら 小説 なので 次々 と ありえない

おもしろい こと が 起こって イイ と 思う


そんな 感じで 次 は どうなる? どうなる?


と 次 の 展開 が 気になり 

とても おもしろく 読めた


エンターテインメント小説 では 読者 に 

おもしろいなあ という 気持ち を 喚起 させる


実際 読書 を している あいだ とても

楽しい 時間 を 過ごす こと が 出来る


こういう 仕事 って のは 素晴らしい

人 を しあわせ に する 仕事 である


俺 も そういう 仕事 を したい と 思った


俺 も ストーリー を 考えて

あれこれ と 作品 を 創って いるので


「 うわっ! これは おもしろい! 」


なんていう 作品 を 描いて


読者 の 方々 に たのしい 時間 を

すごせて もらえるよう に ならなくては 


と 思いました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2017-05-03 09:15 | 小説 | Comments(1)

『 ジェームズ・ボンドは来ない 』 #065

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 ジェームズ・ボンドは来ない 』

f0367052_1545384.jpg
『 ジェームズ・ボンドは来ない 』
松岡 圭祐 (著)

瀬戸内海の小さな島が挑む、映画『007』ロケ誘致活動に女子高生の遥香も加わった。島が少しでも発展すればとの思いからだった。署名運動や“ボンドガール・コンテスト"、記念館設立など、プレハブ小屋の直島町観光協会が主導する活動はすべて手作り。だが、やがて署名数は8万を越え香川県庁も本格的に動き出す。ついには映画会社から前向きな返事が届き島は熱狂するが……。2003年以降、直島を揺るがした知られざる感動の実話。単行本にはなかったロケ誘致運動当時の報道など数多くの画像に加え、著者による序文「まえがきにかえて」も初掲載! 追加取材によって明らかになった事実も組み込んだ改訂版!!


と この 本 を 読んで みた


実話 を 元とした 瀬戸内海 に ある 直島 が

映画 『 007 』 を 誘致 しようと する 話


この 作品 も なかなか おもしろかった


というか タイトルからして 思いっきり ネタバレ で

映画 の 誘致 は されない と 言っている


ある意味 スゴイ 作品 


俺 は あまり 007 ダブルオーセブン 

には 興味 が ない ので


はじめのうち は 読んでいても さほど

おもしろい とも 感じなかった が


中盤以降 どんどん と 話 に 引き込まれて

結局 おもしろくなり 一気 で 読んでしまった


どこまでが 実話 で どこまでが 小説 か

とても 気になる


どうして 誘致 が だめ だったのかという 原因

に 関しては かなり 複雑 な 気持ち になるが


人々 の 気持ち や 行政 の 在り方 など

様々 な 人間模様 が 描かれていて


いろいろ と 考えさせられる 作品 だった


結末 は タイトル 通り 残念 な 結果 に

終わる 作品 なのだが


不思議 と 読後感 は すっきり していて


だめ だったのだが 最後 に 一点 だけ

報われる こと が ある のだが


その 一点 が とても 輝いていて よかった


ああ むだ では なかった のだな と 思える

まさか の 展開 に ホッと させられ 感動 した


夢 や 希望 の 実現 に 向けて 

努力 や 行動 すること は 美しく


結果 が どうであれ その 中 には 必ず


その 体験 を 通して こそ 得られる こと や

報われている こと が あるのだと 思います



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2017-04-21 17:51 | 小説 | Comments(0)

『 小池一夫のキャラクター創造論 -読者が「飽きない」キャラクターを生み出す方法 』 #064

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 小池一夫のキャラクター創造論 -読者が「飽きない」キャラクターを生み出す方法 』

f0367052_1391320.jpg
小池一夫のキャラクター創造論 -読者が「飽きない」キャラクターを生み出す方法

小池 一夫 (著)

漫画界のレジェンドである小池一夫氏。
そのキャリアは50年におよぶ。
個性的なキャラクターと絶妙なストーリーテリングで読者に息もつかせずに一気に読ませる!
その屈指の原作者が、自らのキャリアの集大成としてキャラクター創造の秘訣と読者を引き付けるストーリーの作り方を公開する! !


と この 本 を 読んで みた


この 本 は キャラクター 創造 の 本 だが

人 の 心理 や いろいろ な 知識 が 得られる


かなり イイ 本 だった


たとえば 侍 A と B が 戦っている

あなたは どちら を 応援 しますか?


と あるが この 時点 では

どっちでも イイ と 感じる


しかし もう 1つ 別 の 条件 を 付加すると

あなた の 観方 が 全く 別モノ に なる


その 条件 とは


じつは B の 侍 は あなた の ご先祖 なのです


どうだろうか 観方 が 

ガラリ と 変わった はず


これで もう一度 A と B どちらを 応援 しますか?


どうだろうか


と このような こと が 書かれていた

なるほどな これは スゴイ と 感じた


ただ なんとなく 観ていた 世界 が

ガラリ と 一瞬 で 変わった 


このように 物語 を 書く とき には

読者 に 興味 を 持たせる 工夫 が 必要 との こと


そうする ことで 読者 に 続き を 

読みたい と 思って もらう わけ である


このような ヒント が この 本 には

たくさん 書かれている 素晴らしい 本 だった


これは マジで 勉強 に なった


いそがしい 中 時間 を 割いて でも

読んで 絶対 に よかった と 感じた


かなり 素晴らしい 本


なにか を 創作 することに 興味 が ある 方 や

マンガ が すき で いろいろ 知りたい 方 には


かなり おすすめ の 1冊 です



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2017-04-16 00:07 | 文学研究 | Comments(0)

『 たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座 』 #063

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座 』


f0367052_810796.jpgたった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座

田丸雅智 (著)

物語を書きたい人、アイデア不足に嘆く人、必見! ショートショート作家の田丸雅智氏が、小学生からシニアまで幅広い方々を対象に行っている「超ショートショート講座」の内容をまとめ、ショートショートの書き方を伝えます。田丸氏が行っている「超ショートショート講座」では、どの年代の方々にも「田丸式メソッド」を用いて、その場で作品を一人一作、実際に書いてもらっています。どんなに作文が苦手な人でも、小説をほとんど読まない人でも、このメソッドを使えば、オリジナル作品がわずか40分で完成してしまいます。



と この 本 を 読んで みた


この 本 の タイトル に 


『 たった 40分 で 誰でも 必ず 小説 が 書ける 』


と あるが これは 本当 である


実際 に 俺 も この 本 に 従って

ショートショート を 書いてみたら


内容 は かなり シンプル では あるが

とても カンタン に 書くこと が 出来た


ショートショート とは 超短い 小説 で

オチ が あり ちょっと 不思議 な 物語 の こと


わずか 数行 の 小説 で あっても それは

立派 な ショートショート の 作品 と 言える


この 本 の 手順 どおり に 書いて いけば 

とても 楽しく 気楽 に 物語 を 作る ことができる


この 本 は かなり おすすめ


また ショートショート の アイディア の 出し方 は

いろいろ な 企画 創造 にも かなり 役立つ


この アイディア 発想法 自体 は 

石ノ森章太郎 氏 の マンガの描き方 の 本 や 

他 の 本 にも 載っていたが


こちら の 本 では その 発想法 を さらに 発展 させ


最終的 に 1つ の 作品 を 創り上げる まで の 手順 を

より 具体的 に 1から 丁寧 に 解説 してくれている


なかなか こんなに シンプル で 解りやすく

まとめて くれている 本 は ない ので かなり おすすめ


とても 素晴らしい 本 


ぜひ 興味 の ある 方 は この 本 を 読んで

ショートショート に チャレンジ してみてください



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2017-04-15 07:00 | 文学研究 | Comments(0)

『 水の通う回路 上・下 完全版 』 #062

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 水の通う回路 上・下 完全版 』


f0367052_20593470.jpg
水の通う回路 上 完全版<「水の通う回路」シリーズ> (角川文庫)

松岡 圭祐 (著)

「黒いコートの男が殺しに来る」。そう、子供たちは口をそろえて言う。千葉県で小学6年生が自らの腹部をナイフで刺した!この「事件」は、驚くべき速さで全国に拡大する。被害者に共通するのは、ある人気ゲームを「事件」前にプレイしていたことだった。その名は“シティ・エクスパンダー4”。ゲームメーカー社長の桐生直人には、何ひとつ思い当たるところはなかったが……「事件」は誰も予想がつかない方向へ展開していく!『バリア・セグメント 水の通う回路 完全版』改題



f0367052_20594819.jpg
水の通う回路 下 完全版<「水の通う回路」シリーズ> (角川文庫)

松岡 圭祐 (著)

“シティ・エクスパンダー4”の生みの親、開発部部長の津久井智男はライバル企業と通じていた!? 疑惑を残したまま姿を消した津久井。「事件」の責任を問われ、社長退任を突きつけられた桐生は、わずか2日で解決を迫られる。なぜ「事件」は起きたのか? 犯人はいったい誰なのか!? 「水の通う回路」とは?大ヒットシリーズ『千里眼』『催眠』の著者入魂、サスペンスの大傑作!! 『バリア・セグメント水の通う回路 完全版』改題




と この 本 を 読んで みた


この 作品 も かなり 面白かった が

じつは この 作品 は ちょっと 変わっている


なにが 変わっている かと 言うと

この 『 水の通う回路 』 は


1998年 に 幻冬舎 から 出版 され

2001年 に 『 バグ 』 と 加筆改題 して 徳間文庫 から 出版 され

2006年 に 『 バリア・セグメント 水の通う回路 完全版 』

         と 改訂改題 して 小学館文庫 から 出版 され

2009年 に 『 水の通う回路 』 と 加筆改題 して 角川文庫 から 出版 された


と なんと! 3回 も 書きなおして いる

つまり 合計 4回 書いて 出版 した ことになる!


しかも 最初 に 書いた のと

最後 に 書いた のでは なんと 犯人 が 違う!


完全 に 結末 が ちがう のである


もう これ だけ でも 俺 は 読んでみたくなった


どうして 一回目 に 出版 された とき と

4回目 に 出版 された とき の 


最後 の 結末 や 犯人 が ちがう かと 言うと


1回目 に 書いた とき は


そこの 出版社 の 編集者氏 と 意見 が 合わず に

まだ 新人 だった 著者 が 折れて 犯人 を 変えてしまった


ところが その後 ベストセラー作家 と なったので

いろいろ な 意味 で 自由 に 表現 できる ように なり


4回目 は 自分 が 表現したかった ように

犯人 を 最初 の 設定どおり に 戻して 出版 した


との こと である


なるほど そういう 事情 が あったのか


自分 が 表現したい こと と 出版社 の 意向 

が ちがう って ことは じつは よく ある 


それで 俺 が 読んだ のは 最後 の

2009年 カドカワ版 を 読んでみた


4回 も 作品 を 練った だけ あって


ストーリー 展開 や 見せ場 も 多く

やはり とても おもしろかった


内容 は ゲーム・ソフト が 起因 して 

子どもたち に 異変 が 起こる 話 だが


いろいろ な 伏線 が 繋がって いく


個人的 には エンディング で

ライバル に 助けられる とこ が


とても 印象 に 残って ている


俺 は 以前 ゲーム会社 に 入りたかった ので 

ゲーム業界 に ついて いろいろ 知っていたので


当時 の こと を 思い出し ながら

とても おもしろく 読めました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2017-04-14 07:00 | 小説 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー