図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『 博多豚骨ラーメンズ 2 』 #003

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 博多豚骨ラーメンズ 2 』

f0367052_9255964.jpg
『 博多豚骨ラーメンズ 2 』 詳細 amazon

木崎 ちあき (著)

人口の3%が殺し屋の街・博多。街が山笠で盛りあがる中、市長選で華麗なる暗躍を見せた“殺し屋殺し”の噂を聞きつけ、新たな刺客が参入する。自分より強い相手を求めてやってきた北九州の危険な男・猿渡、殺し屋コンサルタント・新田、生きる伝説G・G。ヤバい奴らの思惑が蠢く一方、斉藤は命を狙われ、林は調査対象を殺され、彼らを助けるため馬場も事件に巻き込まれていく。そして、首を討つために華九会が多額の懸賞金をかけたにわか侍の行方は―。


前回 ご紹介 した ↓ こちら


『 博多豚骨ラーメンズ 1 』 #002
 で


これだけ 多く の 登場人物 が いながら


バラバラ の パズル の ピース が

最後 に ピシッと すべて ハマり


一枚 の 絵 が 完成 する ようである


と 書いた 


『 博多豚骨ラーメンズ 1 』 の 第二巻 


はたして 前作 同様 の 巧妙 な

ストーリー が 書ける のだろうか?


と いう 疑問 から 


内容的 には 殺し屋 の 話 で

バイオレンス は すき では ない の だが 


勉強 の ため に 読んで みた


で 読んで みる と この 作品 は

やはり 見事 な 巧妙 な 展開 だった!

こんな 話 が 2回 も 書ける とは!


なんでも 5巻 まで 出ている らしいが

これは なかなか すごい こと だな


また 個人的 に 俺 は 以前 福岡 に

長期滞在 していた こと が あり


とある 勉強 の 為 の 毎日 だった ので  

ほとんど 博多 の 街 は 知らない のだが


とはいえ キャメル・シティ じゃないか 

( キャメル は らくだ だ、、、)


f0367052_1136116.jpg








キャナル・シティ ( 運河 ) ↑ とか 

香椎 (かしい) とか 屋台 の ラーメン屋 など が 


作品中 に 出てくる ので

情景 が 目 に 浮かび なにげに 懐かし かった


この 作品 を 読むと 

博多 は あぶない 街 なのか?


と 思われる かも 知れないが


その後 も 旅行 で 行って みた が


俺 は さかば とか には 行かない ので 

その あたり は 知らない が


普通 に 観光 している ぶん には


実際 は 食べもの も 美味しい し

便利 で きれい で 過ごし やすい 街 だった


こんな ことを 書いて いたら


天神 の ジュンク堂書店 の 隣り に あった

ラーメン膳 と いう 店 の


f0367052_11543746.jpg










280円 の 豚骨ラーメン ↑ を 思いだした


福岡 滞在中 に 頻繁 に 行って いたが

あれ は 安くて 美味しかった なと、、、


で 話 を 戻すが


『 博多豚骨ラーメンズ 2 』


なかなか 見事 な 作品 だった


次巻 も 巧妙 な ストーリー が 絡みあい つつ


パズル の ピース の ように

ビッシっと ハマる のか どうか?


やはり そこ が 気になる ところだな




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2016-07-09 00:00 | 小説 | Comments(0)

『 博多豚骨ラーメンズ 1 』 #002

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 博多豚骨ラーメンズ 』


f0367052_8152744.jpg
『 博多豚骨ラーメンズ  』 詳細 amazon

木崎 ちあき (著)

福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。福岡市長のお抱え殺し屋、崖っぷちの新人社員、博多を愛する私立探偵、天才ハッカーの情報屋、美しすぎる復讐屋、闇組織に囚われた殺し屋。そんなアクの強い彼らが巻き込まれ、縺れ合い紡がれていく市長選。その背後に潜む政治的な対立と黒い陰謀が蠢く事件の真相とは―。そして悪行が過ぎた時、『殺し屋殺し』は現れる―。第20回電撃小説大賞大賞受賞作。


裏表紙 に ある 本 の 解説 を 読まず に


『 博多豚骨ラーメンズ 』 という

タイトル が おもしろそう だった


それと ラーメン と 博多 が すき 

という 理由 だけ で 読んでみる こと にした


読み始めて 解った のだが

なんと ラーメン の 話 では なかった!


驚いた こと に 殺し屋 の 話 だった


個人的 に バイオレンス な 話 が

すき では ない ので しまった、、、 と 思った


が その まま 読み すすめる と

これが 意外 と 巧妙 な 話 だった


まず 驚いた のが 登場人物 が 多い 

主要 な 人物 だけでも 12人 も いる


しかし これは 12人 ひとりひとり の

キャラクター が かなり 個性的 なのと


巻頭 に 登場人物 の イラスト も 

ついている ので とても 読みやすい


この 作品 の スゴイ ところ は

これだけ 多く の キャラクター を


動かして それぞれ の エピソード が

展開 されて いく わけ だが


その 1つ1つ の エピソード が 

見事 に 絡みあい ながら も


最終的 な 結論 に たどり着く ところ である


それは まるで 


バラバラ の パズル の ピース が

最後 に ピシッと すべて ハマり


一枚 の 絵 が 完成 する ようである


よく これほど までに 登場人物 を

自由 に 動かせる ことが できるな、、、


しかも 話 が 全部 繋がって いくとは、、、


と おどろいた

これは 見事 な 作品 だったぜ





.
[PR]
# by aquarius-777 | 2016-07-07 00:00 | 小説 | Comments(0)

『 ビブリア古書堂の事件手帖 1 』 #001

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 ビブリア古書堂の事件手帖  』

―栞子さんと奇妙な客人たち

f0367052_2321541.jpg
『 ビブリア古書堂の事件手帖 1 栞子さんと奇妙な客人たち 』 詳細 amazon

三上 延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。


なんでも 古本屋 の 主人公 が

事件 を 解決 する 話 とのことで


ちょっと 変わってる な

古本屋 が どうやって 事件 を 解決 するのか?

おもしろそう だな、、、


と 思って 読んで みる こと にした


物語 の 舞台 は 鎌倉 で


なんとも言えない 懐かしい 感じ の

空気感 の ある 作品 だった


第一話 から 第四話 まで あり


第一話 が 『 夏目漱石全集 』

第二話 が 『 落穂拾ひ 聖アンデルセン 』

第三話 が 『 倫理学入門 』

第四話 が 『 晩年 』


と それぞれ が 一冊 の 本 を

巡る 事件 が 起こる


その 古本 が どういう 人 から

今 の 持ち主 に 渡った のか?


この 一冊 の 本 には

どんな 背景 が あったの だろうか?


を その本 一冊 の 本 から


ビブリア古本堂 の 店主 栞子(しおりこ) が 

古本 に 関する 知識 を 駆使 して


その本 に まつわる 背景 を 推理 し

その 謎 を 見事 に 解き明かして いく


「 へええ 古本屋 が 事件 を 解決 ねえ

  なるほど ねえ こんな 形 で ミステリ

  を 成立 させる ことが 出来る のか、、、  」


と 感心 して しまった


やはり 自分 の 得意分野  を

とことん 深めて いく と


他 の 人たち から は 観えない もの も

みえる よう に なって いく 


自分 の すき な 分野 を とことん

深める って のは 大切 だなと 思った


この 本 の 著者 は 


実際 に 3年間 古本屋 で

バイト を して いた との こと だが


ホント に 人生 何 が どう 

役に立つ のか わからない ものだな


と 感じた 


その 経験 を どう いかす かが

大切 だな


おれ は 以前 池袋 で


とある もの の 販売員 を していたが

その ころ の 話 なら 書ける かな?


とか ふと 思った


この 本 は なかなか おもしろかったぜ




.
[PR]
# by aquarius-777 | 2016-07-06 00:47 | 小説 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31