図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『 お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 』 #072

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 』

f0367052_12251337.jpg
『お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂』 amazon 詳細

似鳥航一 (著)

浅草の一角で、町並みに溶け込むかのように佇む栗丸堂。最近店を継いだ若い主人の名は栗田仁という。精桿にすぎる容貌で、どこか危なっかしいが腕は確かだ。とはいえ、店の切り盛りは別物で。心配した知人が紹介したのが葵だった。若い女性に教わるのを潔しとしない職人気質の栗田。だが、葵との出会いが、栗田の和菓子を大きく変えることになる。和菓子のやさしい味わいがもたらす、珍騒動の数々。下町の温かさ、そしてにぎやかさに触れるひとときをどうぞ。


と この 本 を 読んで みた


なんとなく 和菓子屋 の 小説 を

読んでみたくて 読んでみた


一番 印象 に 残った のは


「 自分の認識を書き換えるのは常に自分の行動です

  いくら専門的な知識をあれこれ聞かされたって

  人の心は動きませんよ 」


と 言う セリフ だった


これは 和菓子 を 食わず嫌い な 人 に

一緒 に どら焼き を 作って 食べさせる


といった シーン での 言葉


和菓子 食わず嫌い の 本人 も


自分 も 手伝い 作った どら焼き ならば

食べて みたい と 思い 食べてみた


そして 自分 が 作った だけに

それは とても 美味しく 感じた


と いった シーン


これは 本当 に そうだなと 思う


やはり 本人 に 行動 してもらって 

体験 してもらう こと が とても 大切 


知識 として 知っていた こと も

自分 が 行動 して 体験 すると


その 知識 が 本当 の 意味 で

自分 の ものとなる


ちょうど 今 俺 が 書いている 本 が

実際 に 体験 してもらう 本 なので


シンクロ していた


最近 は 執筆中 で あまり 時間 が なかったが

なんとか 時間 を 作って 読んだ


やはり 読書 は 楽しい ので なるべく

時間 を 見つけて 読んで いきたいですね



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2017-07-12 12:57 | 小説 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31