図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ノンフィクション( 3 )

『 小澤征爾 指揮者を語る 』 #074

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 小澤征爾 指揮者を語る 』

f0367052_1947667.jpg
小澤征爾 指揮者を語る (100年インタビュー) 詳細

小澤 征爾 (著),‎ 100年インタビュー制作班 (編集)

もとはピアノを勉強していたが、中学時代ラグビーで手をケガをしたため、のちのサイトウ・キネン・オーケストラにつながる恩師斎藤秀雄に指揮を学ぶ。海外の指揮者の演奏に衝撃を受け、貨物船に一人だけ客として乗せてもらい渡仏。ブザンソンの国際指揮者コンクールでいきなり1位を獲得するが、仕事が来ずに帰国を迷う。パリに来ていた作家の井上靖に励まされて思いとどまり、その後カラヤン、バーンスタインに師事。
名だたるオーケストラの音楽監督に次々と就任し、世界の小澤となるまで。そして日本人が西洋音楽を理解するとは?いい指揮者とは何か、を語る。

と この 本 を 読んで みた


前回 に つづき 音楽 の 本

指揮者 小澤征爾氏 の インタビュー本


こちらも 図書館 で 気軽 に 手 に 取ってみた


小澤氏 の 話し言葉 で 書かれている ので

多少 読みづらさ も あるが


指揮者 の 世界 を 知ることが できる

とても 興味深い 本 だった


印象的 だった ところ は


音楽 は その 人 の 生きて きた

国 文化 価値観 など すべて が 反映 されるので


真似 を しても だめ


真似 出来る のは 表面的 な ところ だけで

中身 は 真似 が 出来ない という こと


あと 感情表現 も 人 や 国 により ちがう ので 

その人 の 生きてきた 人生 が 現われると


俺 も 歌 や ギター を 弾く ので

感情 を 感じる 表現 を したいと 思っている


この 本 の 1ページ目 に こう あった


『 いまでも 勉強 に 費やす 時間 が 多いですよ

  この 商売 は 本当に 時間 か かかりますからね

  勉強 にね 』


本文 を 読んでも 小澤氏 は 

やはり かなり 勉強 に 時間 を 費やしている


やはり 感動 を 生み出すには 努力 が 大切


俺 は ヘビーメタル と クラシック が すき なので


クラシック の こういう 本 も 

とても 勉強 になり 楽しく 読めました



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2017-11-26 20:19 | ノンフィクション | Comments(0)

『 たどりつく力 』 #073

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


久しぶり の 委員会 です


今回 の 本 は こちら


『 たどりつく力 』

f0367052_2219261.jpg
『 たどりつく力 』 詳細amazon

フジコ・へミング (著)

運命の扉は重いほど中が明るい……。音を失った苦悩のピアニスト、フジコ・へミングが今、あなたに伝えたいこと。
『これから正直に私の人生を綴りたいと思います』。
貧しさ、いじめ、そして聴力の喪失……。数々の苦難と絶望を突き抜け、如何にして世界を感動させるピアニストとなったのか。
苦悩のピアニスト、フジコ・へミングが人生を通してあなたに伝える、運命の扉を開く生き方。


と この 本 を 読んで みた


今年 は 執筆 や 講演会 などで

いそがしく あれこれと 本 を 読んでも 


こちら の 記事 に 書けて なかった

久しぶり の 更新 となる


今回 は なんとなく 音楽 の 本 を

読みたくなり 図書館 で この本 を 選んだ


67歳 から 大ブレイク を はたした

ピアニスト フジ子・ヘミング氏 の 本


読んでみて とても 不思議 な 感覚 になった

どことなく 前向きな 気持ち に なる 本 だった


フジ子氏 は 壮絶 な 人生 の 苦労 の なか

それでも ずっと ピアノ を あきらめなかった


フジ子氏 の ピアノ 演奏 を 聴くと

涙 を 流す 人々 も 多い 


歌 も そうだが 音楽 には ものすごく

その人 の 内面 や 性格 そして 人生 が 現われる


この本 には そんな フジ子氏 の 人生 の

エネルギー が 入っている かのような 本 だった


いい 本 を 読んだな と 感じた


『 自分 の 理想 や 夢 を あきらめず

  努力 し続ける ことの 大切さ 』


を 伝えてくれている 本 でした



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2017-11-23 09:46 | ノンフィクション | Comments(0)

『 サードマン: 奇跡の生還へ導く人 』 #041


え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら


『 サードマン: 奇跡の生還へ導く人 』

f0367052_232764.jpg
『 サードマン: 奇跡の生還へ導く人 』 詳細 amazon

ジョン ガイガー (著) John Grigsby Geiger (原著) 伊豆原 弓 (翻訳)


遭難や漂流、宇宙空間、災害現場などで危機的状況に陥った者の傍らに突然、「何者か」が現れて、生還へと導く―。この不思議な第三者に命を救われたという話は少なくない。冒険家のシャクルトンや登山家のメスナー、飛行士のリンドバーグほか数多くの事例を紹介し、脳科学や精神医学、宗教学の研究成果も踏まえてその正体に迫る異色ノンフィクション。



と この 本 を 読んで みた


久しぶり の ノンフィクション

ずっと 読みたかった 作品 である


タイトル 『 サードマン 』 とは 「 第三の存在 」

つまり 未知なる 何者か の こと である


ひらたく 言って しまうと 『 守護天使 』

の ように 助けて 導いて くれる 存在 の こと 


昨日 10月2日 は 


『 守護天使の日 』 


だったので


この 作品 を 読んでみた


南極大陸 や ヒマラヤ で 探検家たち が 

遭難して 奇跡 の 生還 を 果たすと


その なか の 多く の 人々 が


「 未知なる 何者か に 助けられた 」


と 証言 するの である


たとえば 2人 で 遭難 している はず なのだが

実際 に 数える と 3人 いる のである


そして その 存在 が 窮地 を 助けて くれている


そういった 驚愕 の 実例 が 

この 本 には たくさん 書かれている


それを 科学的 見地 から 考察 している ので

天使 とか 守護者 と して 書かれていない が


その 奇跡的 な 体験 から すると

その 幾つか の エピソード から は 


確実 に 天使 の 存在 を 感じる


多く の 場合 奇跡 の 生還 の ウラ には 

『 天 の 使い 』 の 働き が ある 


その こと が この本 を 読むと よく わかる


本書 に 書かれている のは


登山家 の ラインホルト・メスナー氏

飛行家 の リンドバーグ氏 などなど


なんと その他 45名 以上 もの 


『 天 の 使い 』 に 助けられた 実体験 が 

収録 されて いる 驚愕 の 本 だった


これだけ 多く の 実体験 を 読めば


『 天 の 使い 』 の 存在 や

人 は 護られて いる と いう こと を


より 感じる ように なる かと 思います



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-10-03 23:53 | ノンフィクション | Comments(3)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31