図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『 ノーブルチルドレンの断罪 』 #046

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 ノーブルチルドレンの断罪 』

f0367052_22152331.jpg
『 ノーブルチルドレンの断罪 』 詳細 amazon

綾崎 隼 (著)

美波高校の『演劇部』に所属する舞原吐季と、『保健部』に所属する千桜緑葉。決して交わってはならなかった二人の心が、魂を切り裂く別れをきっかけに通い合う。
 しかし、奇妙な暖かさに満ちていた二人の幸福な時間は、長くは続かなかった。仇敵である舞原と千桜、両家の執拗な糾弾が勢いを増していく。そして、二人の未来には、あまりにも重く、どうしようもないまでに取り返しがつかない代償が待ち受けていて……。ポップなミステリーで彩られた、現代のロミオとジュリエットに舞い降りる、儚き愛の物語。悲哀と遺愛の第三幕。


と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
前巻 は ↓ こちら
『 ノーブルチルドレンの残酷  』 #009
『 ノーブルチルドレンの告別  』 #045
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この シリーズ は 結構 おもしろく

続き が 気になり 早速 3作目 を 読んでみた


物語 が 進んでいく に つれて 


登場人物たち が 背負っている 事情 が 

いろいろ と 明らかに なって きた


ちょっと 人 と 違うな と 感じる こと には

必ず その人 が 通って来た 人生 が 関係 している


そういう ところ が しっかりと 描かれていて


「 なるほど そういう 事情 だったんか、、、 」


と 読み すすめて いく うちに


今まで 疑問 に 思っていた こと が

明らか に されて いき 納得 を 得た


「 ああ この 人物 は こういう 事情 で

  あのように 行動して 

  あのように 言葉 を 発して いたのか  」


と 理解 できた


一見 どうして あの人 は あのような

こと を 言った の だろうか?


と 感じる ことでも 本人 には 本人 の

事情 と いうものが 存在 する


その お互い の 事情 を 伝え合い 知ることで

お互い の 理解 が 深まって いく


これ は 本当 に 大切 な こと だと 思う


事情 を 説明 しないと 誤解 が 生じたり

場合 に よって は 摩擦 が おこったり してしまう


これ だけ は やはり 避けたい


相手 に 事情 を しっかり 話して 伝える 

相手 の 事情 を しっかり 聞いて 知る


そうする ことで 相互理解 が 深まる 

そして 向うべき 方向性 も 自然 と みえてくる


今回 の 作品 では そこが とても

しっかりと 描かれて いた


ストーリー的 には 先 の 読めない 展開 で

しかも いろいろ と 伏線 となって いて 


とても 先 が 気になる 内容 だった


現代版 ロミオとジュリエット 的な 話 で

両家 は 一族 もろとも いがみ合っている


そして 親 や 親族 たち が 

2人 の 恋愛 を 認めようと しない


なんとか うまく いって ほしい

と 思いつつ どうしても 読んでしまう


やはり せっかく 出会い 惹かれ合った のだから

なんとか 幸せ に なって もらいたい ものである


ロミオとジュリエット なので この 先 の

方向性 は やはり みえて いる わけ だが


ハッピーエンド が すき な 俺 としては

あまり みたく ないような 気もするが


その エンディング を 読んで 実際 に

俺 は 何 を 感じる のか も 気になる


といった わけ で このまま 

続き を 読み 進めます



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-10-16 05:42 | 小説 | Comments(2)
Commented at 2016-10-16 18:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-10-23 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31