図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『 虹色ほたる―永遠の夏休み 上・下 』 #028

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 虹色ほたる―永遠の夏休み〈上〉 』

f0367052_20514229.jpg
『 虹色ほたる―永遠の夏休み〈上〉 』 詳細 amazon

川口 雅幸 (著)

小6のユウタは一人、亡くなった父との思い出の地である山奥のダムを訪れていた。ところが突然の雷雨に襲われ、足を滑らせ気を失ってしまう。やがて目覚めたユウタの目の前には、ダムに沈んだはずの村が…。タイムスリップした1970年代の村で、ユウタは同い年の少年ケンゾーと、妹のような女の子・さえ子と出会う。失われゆく日本の原風景とともに、少年の最後で最高の夏休みがはじまった!誰の心にもある永遠の夏休みを描いた、懐かしくも切ない感動ファンタジー、上巻。


f0367052_20531251.jpg
『 虹色ほたる―永遠の夏休み〈下〉 』 詳細 amazon

川口 雅幸 (著)


少年ユウタがタイムスリップした1970年代の田舎の村。ケンゾーとさえ子というかけがえのない仲間とともに過ごす最高の夏休みも、終わりに近づいていた。元の世界に帰らなければならないユウタ。そして、幼い少女さえ子にも、隠された秘密があった…。失われゆく美しい日本の夏の風景の中、物語は感動のクライマックスを迎える。ラスト、涙がとまらない―。誰の心にもある永遠の夏休みを描いた、懐かしくも切ない感動ファンタジー、完結編。


と この 本 を 読んで みた


この 作品 は 児童書 との こと で

主人公 も 小学生 のちに 大人 に なりますが


ただ なんとなく 夏休み な 感じ の

作品 を 読んで みたくて 読んで みた


さすがに 小学生 の 話 なので

読みはじめ は あまり しっくり こなかった


しかし 最後 には なんとも 感動 していた

エンディング も かなり よかった


この 作品 は 


夏休み に タイムスリップ する 話 なのだが

人 との ご縁 に ついても 描かれて いる


人 との 出会い は ご縁 であり そこには

過去 の 時代 とも 何らか の 関係 が ある


こうして ブログ を 介して 出会う 仲間 

読者 の 方々 との ご縁 も そこには


何かしら 意味 が あり みえない 力 が 働いている


この 作品 の 中 でも 


「 ここで 出会う 人たちは 何か ご縁

  のような ものを 感じましてね

  私たち は 何か 不思議な 力によって この場所に 

  導かれ 集まるべくして 集まったのでは ないかと

  現に この場所で こうして あなたと 再会できたのも

  ただの 偶然では ないような 気がするんです     」


と こんな セリフ が あった


俺 自身 にも 幾つか それと 似た 体験 が あり

こういう こと を 考える と 感動 する


そして ときどき このような いにしえ から の 

ご縁 に ついて 考える こと は 大切 だと 思う


そう 考えると


今 俺 の 周り に いる 仲間たち や

これから 出会って いく 仲間たち は


以前 も いつか どこか の 場所 でも

仲間 だった のだろと 考えると


とても 大切 で たまらない 気持ち になる


やはり 出会い や 仲間 が 集う には

みえない 不思議 な 力 が 働いて いる


ご縁 とういう もの を 大切 に したいなと

あらためて そう 感じた 作品 でした



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-08-29 21:53 | 小説 | Comments(1)
Commented at 2016-08-29 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31