図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 #010

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』

f0367052_9202710.jpg
『心霊探偵八雲 2 魂をつなぐもの 』 詳細 amazon

神永 学 (著)

恐ろしい幽霊体験をしたという友達から、相談を受けた晴香は、死者の魂を見ることができる八雲のもとを再び訪れる。しかし、八雲は相変わらずのつれない態度。そんなとき、世間では不可解な連続少女誘拐殺人事件が発生。晴香も巻き込まれ、絶対絶命の危機に!?幽霊騒動と誘拐事件―複雑に絡み合う謎を、八雲は解きほぐすことができるのか、そして晴香の運命は!?驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー第2弾。



と この 本 を 読んで みた


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

第1巻 は ↓ こちら

『 心霊探偵八雲 1 赤い瞳は知っている 』 #008

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


1巻 も なかなか おもしろ かったのだが

2巻 は かなり 作品 の 奥行 が 出てきた


複数 の エピソード を 同時 に 進行 させ

次第 に 謎 が 明らかに なって ゆく 


前作 よりも 構成 が 凝っていたり して

かなり 読み応え が 増していた


とくに 登場人物 たち の 心理描写 が

とても リアリティ が あるなと 感じた


『 自分 には 関係ない はず の 事件 なのに

  なぜか のめり込んで しまう 心理     』


『 ずっと 長年 こころ に 背負って いた

  罪悪感 から 解放 されていく 心理 など 』


そういった ところ が しっかり と 描かれていて 


心理学 の 要素 が とても しっかり

作品 に 溶け込んでいる と 感じた


俺 も 心理学 は 結構 すき なので


そういう 視点 から この 作品 を 読むと

なかなか 深く 読み応え が ある


たとえば


登場人物 が 自分 には 関係 が ない

はず の 事件 に のめり込んで しまう


その 理由 が だんだん 観えてくる ので


「 ああ なるほどね この 人 には 

  そういう 心理 が 働いて いたのか、、、 」


と この 作品 を 読むと ちょっとした

心理学 の 勉強 に なったりも する


なかなか よくできた すばらしい 作品 である


読み終えて なにげに

巻末 の 参考文献 を みて みると


f0367052_191672.jpg
『手にとるように心理学用語がわかる本』 詳細 amazon
渋谷 昌三 (著), 小野寺 敦子 (著)

昨今では、複雑で多様化した家族関係のありかたが増え、それにともなって人間関係の歪みがいろんな形で現れるようにもなってきました。たとえば、ちょっとしたことでキレて暴力を振るってしまったり、不登校になってしまったりする子どもたちが目につくようになりました。このような問題を考えるときに、心理学用語がおおいに役立つと思います。本書に紹介している心理学用語をキーワードにして、自分自身や対人関係の心理、あるいは断続的に起こる社会的な不可解な事件などの心理を理解することができるはずです。本書を片手に、自己流の心理探偵者になると、これまでの自分の世界が一味違って見えてくるに違いないでしょう。


と この 本 が あげられていた


なるほどな と 思った


料理 でも 同じ で


『 ひと手間 かける と かならず 美味しくなる 』


やはり しっかりした 作品 を 書く には

こうした しっかりした 裏付け も 大切 で


心理学的な 知識 や 洞察 を 深める

といった 陰 の 努力 なんか も 大切


『 ひと手間 かける と かならず よくなる 』


これ を 再確認 する こと が できた


そういった 意味 でも この 作品 を 読んで

よかったな と 感じた


また この 角川文庫版 には 巻末 に

新たに 書き 加えられた ショートストーリー が あり


霊 が 見える ゆえに 孤独 だった 主人公 が


少し づつ 心 を 開いて きている こと を

示す あたたかな シーン が 描かれていて 


それが とても よかった



それでは みなさん

次回 の 図書委員会 で また お会い いたしましょう




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-07-25 23:59 | 小説 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31