図書委員堂

books777.exblog.jp ブログトップ

『沢木道楽堂怪奇録―はじまりのひとり 』 #004

え~ 只今から 図書委員会 を はじめます


今回 の 本 は こちら

『 沢木道楽堂怪奇録―はじまりのひとり  』

f0367052_22291365.jpg
『 沢木道楽堂怪奇録―はじまりのひとり 』 詳細 amazon

寺本 耕也 (著)

なんでも屋を営む男と元気が取り柄の女子高生。男は霊を見ることができ、少女は霊に好かれていた。そんなふたりの怪奇でのんきな短編集。公衆電話の囁き、声を聞いた少女は恐怖と出会う(「囁き」)。腹を引き裂き自殺した妊婦、彼女の身に起きたこととは?(「はじまりのひとり」)。脳を持たない霊はいかに思考するのか。そもそも霊とは(「霊に魂の不在を説く」)。ベルクの名曲を巡る、ふたりの奏者の物語。(「ある天使たちの思い出に」)。以上四編収録。


と この 本 を 読んで みた


図書館 で 何か あと 1冊 と 思い

なにげに 手 に した 本 だった


裏表紙 の 解説 は 読まずに

タイトル だけ で 読んで みよう と 思った


『 怪奇録 』 と あるので 

「 妖怪 」 の 話か? と 思っていた のだが


実際 読んでみたら かなり 本格的 な

「 霊 」 の 怪談 の ストーリー だった


怪談 の にがて な 方 は 

ちょっと ごちゅうい かも


ただ この 本 は 4編 収録 されており

その なか の 「 霊に魂の不在を説く 」


では 著者 の 語る 霊 とは 何 か?

が 書かれている 


この 先 ちょっと だけ ネタバレ だが



この 物語 の 主人公 は 霊 の 正体 は 

「 残留思念 」 であると 語っている


つまり この世界 の 空間 に 残された

去って いった 者 の つよい 「 想い 」


と こう 語って いる


実は この 「 残留思念 」 と 似た

「 残存思念 」 という 言葉 が ある


これは 元福島大学 教授 飯田史彦 氏 の


f0367052_2249768.jpg
『生きがいの創造 [実践編]悩み苦しむ人をどのように導くのか 』 詳細
飯田 史彦 (著)

30年前の奇跡的な出来事から自らの能力を発見した著者は、その後の臨死体験を経て、いかなる困難な悩みにもカウンセリングをほどこす「光の学校」を設立した。本書は、悩み苦しむ人々の「魂の救済活動」を続けてきたスピリチュアル・カウンセリングの事例の一端を各界の切実な要望を受けて紹介したものである。未曽有の試練となった東日本大震災における魂の対話をはじめ、「先立った夫からのメッセージ」「運命の赤い糸」「死後の生命」「幽霊の正体」「神様の証明」「病気になる理由」「うつ状態からの脱出」など、生きがいを失った人々に、なぜ困難に出合うのか、生きる意味と価値、自らの使命とは何であるかといった人生の“根源的な問い"に対して分かりやすく答えた渾身の一冊。


こちら ↑ の 著書 の なか の

「 幽霊の正体 」 に 書かれている


飯田史彦氏 は 実際 に 霊 が 視え 

大学退職後 は 霊的 な 活動 を されている


ご自身 の 実体験 から 

霊 の 正体 を 語って くれて いる


「 残留思念 」 も 「 残存思念 」 も

基本的 には どちらも 似た 感じ なのだが


両者 の 本 を 読み比べて みる のも

興味 深い 発見 が ある かも


そして 『 沢木道楽堂怪奇録  』 では


この 「 残留思念 」 の 解説 を


つまり 幽霊 の 正体 を

物語 の 主人公 が 説いて いく わけ だが


それ が 霊的 な 真実 か どうか 

という こと は さておき として も


その 説明 が この 主人公 ならでは の

視点 や 表現 で 語られていて


そこ が なかなか 読み応え が あった


ただ やはり 上記 の amazon リンク の

本 の 解説 を 読んでも 判る ように 


内容的 に 怪談 なので


こわい 話 が 苦手 な 人 は 

そこ は ちょっと ごちゅうい あれ




.
[PR]
by aquarius-777 | 2016-07-12 23:43 | 小説 | Comments(0)

読んだ本の感想など


by aquarius-777
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31